無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夫にバレずに「年50万円増やすのは余裕!?」年収に左右されない主婦歴28年の"へそくり術"8選

ライフスタイル

こんにちは、主婦歴28年のベテラン兼ヨムーノライターあずきです。

「へそくり」と聞くと、収入から余ったお金が貯まっていくという印象がありますよね。
だから、「うちは夫の年収が低いからへそくりなんて……」と思っている方も多いのではないでしょうか。

でも、主婦歴28年の私は年間で50万円のへそくりに成功しています。このことに夫は気づいていません。

へそくりで好きなモノを買ったり、友だちと美味しいランチを食べに行ったり……と、ストレス発散も兼ねて楽しんでいます。

家庭の年収に関係なく、どうやって「へそくり」をしているか、その裏ワザをこっそりお教えしますね。

主婦におすすめのへそくり法とは?

一般的に主婦は現金または銀行預金などでへそくりをするイメージがあります。しかし、おすすめの方法は他にもあります。

500円玉を貯める

気に入った貯金箱や空き箱などに500円玉を貯めていく方法。
年間50万円貯めるには月4万円程度貯める必要があります。

なので、週に20枚貯めることになりますが、中身が外から見える貯金箱を選ぶと、達成感があっておすすめです。

株や投資信託に投資する

銀行預金は利息が付かない時代です。
株や投資信託に投資して運用するへそくり法を行っている人が増えています。

へそくりや、結婚前の貯金など、自分の裁量で使える範囲内で、低リスクで運用するといいでしょう。

電子マネーにチャージしていく

今ではほとんどの人が利用している電子マネー。
ここにへそくりをチャージしていくという方法。

お財布に千円札が増えてきたら、その数枚分を電子マネーに換えてしまいましょう。
このへそくり法のいいところは残高が他人から分からないことや、現金を持ち歩かなくて済むことなどです。

ただ、普段使いのものだと生活費とごっちゃになってしまうので、別に持っていた方がいいかもしれませんね。

自分へのご褒美を貯めていく

日頃から、家事を頑張っている自分へのご褒美としてへそくりをする方法。
たとえば、掃除をしたら〇円、料理を作ったら〇円……などと決めておき、やった家事の分を全てお金にして貯めておくのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ