無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“真のコスパ狙い派”が買うべきは、スティックよりこっち説

ライフスタイル

コードレススティック掃除機が全盛の時代ですが、何げに従来タイプの「キャニスター型掃除機」も根強い人気があります。という訳で、あらためてキャニスター掃除機の魅力を掘り起こしつつ、注目のモデルをご紹介したいと思います!

青山 卓弥/Test by 家電批評編集部

スティック型じゃない掃除機…実はまだまだ人気があるんです!

掃除機と言えば、昨今ではダイソンをはじめとする「コードレススティック型」が主流となっています。……しかし、スティック型に押され気味になっているとはいえ、まだまだキャニスター型の需要が高いことがうかがえます。

2018年は掃除機の総販売台数が810万で、そのうち300万台近くがキャニスター型となっています。

そういった状況の中、2019年2月にシャープがキャニスター型の新モデルを発売して話題となりました。

シャープ
紙パック式掃除機
EC-VP510
実勢価格:2万7000円
サイズ:19.4×39.5×18.2cm
重量:2.4kg(本体のみ)

Amazonで見る

掃除中の手元の軽さを重視して、パイプなどを軽量化したという「EC-VP510」。

スティック型掃除機と違ってバッテリーなど重い部品を地面に近いところに設置できる分、手元の軽い使い心地を実現できるという、キャニスター型掃除機ならではのメリットを最大限活かしたモデルのようです。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

そもそもキャニスター掃除機ってどんなもの?

ここからはキャニスター型掃除機の根強い人気のヒミツを探るべく、もう少し詳しく特徴などを見ていきたいと思います。

キャニスター型とスティック型のメリット・デメリット

キャニスター型掃除機のメリット

キャニスター型掃除機は昔から一般的に使われているタイプの掃除機。車輪のついた本体にホース、パイプ、ヘッドを繋いで使用します。

吸引力が強く、スティック型に比べるとダストボックスの容量が大きいモデルが多く、ゴミ捨ての回数が比較的少なくて済みます。

最近では充電式のモデルも出ていますが、基本的には電源コードをコンセントに挿して使うので、充電やパワーの低下を気にする必要がありません。

また、格安でありながら吸引力バツグンの製品が多いのでコスパ面も悪くありません。

キャニスター型掃除のデメリット

本体が大きめなので場所を取りがち。昔よりデザイン性がアップしているとはいえ、人目につくところに出しっ放しにしていると、ダラしなく思われる可能性も……。

収納場所を確保や、使用の度に出し入れする必要がある点はややメンドウかもしれませんね。

パナソニック
MC-PK17G
実勢価格:1万7800円
※生産終了品につき在庫僅少です。

Amazonで見る

ちなみに、上の写真に登場しているパナソニックのキャニスター型掃除機「MC-PK17G」は2017年の検証でベストバイに輝いた逸品です。

すでに生産終了となっており、現時点では2019年2月に発売された「MC-PK20G」が最新モデルとなっていますが、PKシリーズの基本的なポテンシャルはコチラの記事でご確認いただけると思います。ご参考までにどうぞ。

スティック型掃除機のメリット

対して掃除機の主流となっているスティック型は、ホースがなくて本体とパイプが一体化しています。

コンパクトで取り回しがよく、インテリア性に優れたモデルが多いので、リビングなど人目につく場所に出しっ放しにしてもさほど気になりません。

また、すぐ手が届く場所に置いておけるので、掃除機がけのハードルが下がるというメリットもあります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ