無料の会員登録をすると
お気に入りができます

糖質はゼロじゃない…!気をつけたい豆乳の選び方

美容

牛乳

牛乳の糖質量は100mlあたり4.8g。わずかですが調製豆乳よりも糖質量が多くなっています。(※1)

コーヒーチェーン店でラテを頼む時、ダイエットを意識してソイラテを頼むようにしていると言う方がいらっしゃったら、糖質量を考えると賢い選び方。

ただし、豆乳を使った飲料を選んでいても、砂糖やシロップが大量に入っていると糖質量が増えてしまいますので注意が必要です。

コーヒー

ブラックコーヒーは100mlあたりの糖質は0.7g。豆乳の1/4、調製豆乳の1/6程の量です。やはりコーヒーは砂糖やミルクを入れずにブラックで飲むことが最も低糖質な方法。

ブラックコーヒーが苦手な方は、乳成分入りコーヒー飲料を飲むこともあるかもしれませんが、その糖質は、100mlあたり7.2gです。(※1)

ブラックコーヒーを選べば糖質量は抑えられますが、コーヒーを使った市販の飲料には、砂糖が多く含まれているものが多いのです。

ジュース

「100%」と記載されたジュースにヘルシーなイメージがある方が意外と多いのですが、オレンジジュース(濃縮還元)における100mlあたりの糖質量を見てみると、なんとその量10.5g!(※1)砂糖が加えられている調製豆乳の2倍以上です。

コップ1杯(180ml)飲むと、コーヒーシュガー(1本3gのもの)約6本分もの糖質をとることになるので注意しましょう。(※1)

豆乳は糖質カットできる優れもの!

豆乳には糖質が含まれますが、牛乳や甘い飲み物と比べると低糖質。ちょっと小腹が空いた時、何か飲みたい時に、甘い飲み物の代わりとしてコンビニでも比較的手に入りやすい調製豆乳を選んでみましょう。そうすることで少しずつ糖質の量を調整することができるかもしれません。

また、豆乳は調製豆乳よりも低糖質低脂質なヘルシー食材。その反面、調製豆乳よりも大豆の渋みや香りが強いのもまた事実。そのままでは飲みづらいと感じる方は、牛乳の代用として料理に使うのがおすすめです。

豆乳を上手に活用して糖質カット!

豆乳は他の飲料と比較すると糖質量が少ないことがおわかりいただけたでしょうか。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ