無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どんどんお金が貯まる「仕組み」をつくる!10のルール

節約・マネー

いきなり節約ではなく、仕組みをつくる!

増税に向けて、家計の管理を見直しませんか?お金のやりくりをラクにするためには、徹底的な仕組みづくりが重要です。無理して節約する必要はありません。最初に仕組みさえ作れば、後は簡単にお金が溜まっていくのです。

お金がどんどん溜まる!10のルール

①愛用グッズを揃える

まずは、お気に入りのアイテムを揃えてみてください。形から入ってもいいのです。愛着が湧くモノに囲まれると、家計管理が楽しくなります。色々試してみて、あなたにピッタリのグッズを見つけてくださいね。

こちらは、セリアの6リングバインダーです。A5スリムのサイズ感と種類豊富なリフィルが、家計管理に最適なアイテム。100均なので、プチプラでカスタマイズが楽しめますね。

無印良品のパスポートケースも人気のアイテムです。100均に比べ、頑丈なつくりなので長く愛用できそうですね。無印らしいシンプルなデザインも素敵。

②通帳を目的別に分ける

まず、通帳の見直しから始めます。水道・ガス・電気・学費などの支払いが別々の口座になっていませんか?ひとつにまとめて支払い用、給料が振り込まれる収入用、お金を貯める貯蓄用に分別します。お金の流れがスムーズに把握できますね。

③先取り貯金を自動化する

給料日に真っ先に行うことは、先取り貯金。月末に余ったら貯金するのではなく、先に行えば確実にお金が貯まります。重要なのは、定額自動入金サービスを利用すること。銀行を往復する必要なく、自動で貯金用通帳へと入金されます。

④やりくり費を仕分けする

次は変動費をチェック。毎月の食費など目的別に使える金額を設定します。あまり細かく分けると面倒になるので、カテゴリーは少なめがオススメ。クリアファイル家計簿のように、1日で使える額を決めてもいいですね。

記事に関するお問い合わせ