無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アレンジレシピも!遊び心ある「 #鶏そぼろアート弁 」

レシピ

こんにちは、ライターのmasayoです。

2019年の十五夜は9月13日(金)です。ちなみに、2020年の十五夜は10月1日(木)です。そんな季節に合わせた「お月見し立てのそぼろごはん」を作ってみました。

お月見し立てのそぼろごはん

とりそぼろは甘辛い味噌味にして人参をうさぎの型で抜いて、お月様はたまごそぼろ、月見団子はゆでたじゃがいも。

遊び心のあるそぼろアートにしました。
子ども達と一緒にワイワイしながら作るのも楽しい時間です。

鶏そぼろ

材料
鶏ももミンチ……300g
しょうが……1かけ
味噌……大さじ1
醤油……大さじ1
酒……大さじ1
みりん……大さじ2
砂糖……小さじ1
卵……3個
だし醤油……小さじ1
人参・じゃがいも……適宜
ご飯……2合分

作り方

人参は型抜きして塩茹でします。
卵は、だし醤油小さじ1を加えて半分をそぼろにします。

半分は薄焼き卵にします。
じゃがいもは茹でて柔らかくなったものを潰して、丸めます。

フライパンを熱して鶏ミンチを入れます。
火が通ったら味噌・醤油・酒・みりん・砂糖を合わせたものを入れます。

※桶(飯台)は2合用を使用しました。

ごはんを入れて月の場所にセルクル(丸い抜き型)を置き、その周りをとりそぼろを敷き詰めていきます。

セルクルの中にたまごそぼろを入れて静かにセルクルを外します。
うさぎの人参、月見団子のじゃがいもをバランスよく配置すれば完成です。

とりそぼろごはんアレンジ

桶に人数分作ってもいいでし、プレートに一人分ずつ取り分けても。たまごそぼろを目玉焼きにしてもとっても美味しいです。
黄身を崩しながら混ぜながら食べます。大人はコチュジャンを添えてピリ辛に。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ