無料の会員登録をすると
お気に入りができます

結婚後の「家事の不安」を解消! 新・家事制度

自由な時間がなくなる、好きな仕事ができなくなる……。「結婚はコスパが悪い」とも言われ、一歩踏み出せない人も多い。だけど実は、時代とともに「結婚生活」の価値観もアップデートされて、自分らしいライフスタイルを選べるようになっているんです! Twitterで人気の恋愛コラムニスト・エマちゃんが、ご自身やまわりの夫婦の実例から、新しい結婚スタイルを提案します。

エマちゃん

恋愛・結婚

みなさん、家事は得意ですか?

掃除、洗濯、料理、食器洗い……。生きていれば身のまわりのやらなければいけないことがたくさん出てきます。

私が実家から出て初めてひとり暮らしをしたときには

「ああ……洗濯しなきゃタオルがない……」
「え……食品ってこんなにすぐ腐るの……?」
「水アカったらなんてガンコなのよ!」

とあっという間に荒れていく部屋に驚き、たくさんの家事が目の前に押し寄せてきて、追われるようにそれらを片づけながら、「親に感謝」という気持ちでいっぱいになる日々。

まだまだ世間では家事が女性中心の仕事になっていて、「結婚したら当然女性が多くの家事を負担するよね、稼ぎが多いのは彼だし……」と、おのずと使命を感じたりするわけです。

結婚する前に持っておくべき「家事への価値観」

私自身は、実家でも家事をよくやっていましたし、ひとり暮らしでは(追われながらも)なんとか家事をこなしていました。

夫も同じく、早くに実家を出ていたので、家事がよくできる人でした。

結婚する前「一度も実家を出たことのない人って嫌だな」と思っていました。

なぜなら、実家住まいの男友だちがこう言ってきたからです。

「家には寝に帰るだけだから、家族に負担はかけてない。自分のこともある程度はやってるし、いざやろうと思えば家事なんて、余裕でできる」

………。へえ……。

そう言う人に限って、今話題の「名前のない家事」がたくさんあることを理解しておらず、家事の2分の1くらいを「家事のすべて」と思っていて、いざやらせたら雑だし、最低限レベルだし、もうもうもう……となるのが目に見えているよね!

とにかく、何が大事かって

「日々やるべき家事はたくさんあり、それなりの負担もある」
「だからこそ、相手がやってくれることはありがたい」

という前提をお互いに持つこと。

その点、私も夫も実家を出て自立していたので前提はクリア。助け合って生きていくし、やってくれたら感謝しよう、という気持ちで今も結婚生活を送っています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ