無料の会員登録をすると
お気に入りができます

現金払い派にはオススメできない“ワケあり”な財布を集めました。

ライフスタイル

キャッシュレス決済が普及してきた現在、キャッシュレス派の方は分厚く大きな財布が邪魔に感じている人もいるのではないでしょうか。でも、一部の飲食店や、行政サービスの支払いにはまだまだ現金が必要です。そこでおすすめしたいのが「超ミニマム財布」。極限まで小さく、薄くつくる工夫が光る逸品はないものか、『MONOQLO』が探してみました。

高瀬 央樹/Test by MONOQLO編集部

▼テスト結果
 評価:S

超コンパクトなのに小銭やお札が入り、キーケースにもなる文句なしの財布です。ランチや散歩程度なら、これで十分。付属のリングには車のカギを付けたり、カラビナを付けて吊したりすることができて便利です。

本体には最大で15枚まで入り、反対サイドのポケットには8つ折りにしたお札を収納することができます。ランチなどはコレでOK!

本体のウラ側にはポケットがあり、鍵も収納可能。絶妙な固定方法により、必要なときは鍵をクルッと回して取り出せます。これさえあれば、キーケースを持ち歩かなくていいかもしれません。

③お札・カード・小銭一体型ならアブラサス「薄い財布」

アブラサス
薄い財布
実勢価格:1万4950円
サイズ:横95×縦98×幅7mm

Amazonで見る

▼左利き用はコチラ

楽天市場で見る

▼テスト結果
 評価:A+
 厚さ:1.4cm
 重さ:41.9g

小銭もカードも紙幣も持ち歩きたいのなら、厚さがたった7㎜しかないアブラサスの「薄い財布」がおすすめです。こちらは過去に薄サイフの比較検証をした際、ベストバイに輝いた定番品です。

薄サイフの比較検証

横のサイズはちょっと大きいのですが、カード、小銭、紙幣が出し入れしやすい配置。

小銭を入れても厚さはたった1.4cmなので、お尻のポケットに入れても膨らみません。小銭もカードも紙幣も財布に収納し、ポケットに入れて持ち歩きたいのならコレ一択です!

④ワンタッチでカードが出せるthe RIDGE

the RIDGE
the RIDGE
実勢価格:1万3824円
サイズ:横88×縦55×幅6mm

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ