無料の会員登録をすると
お気に入りができます

手のひらの十字やバツ印はどういう意味? [手相占い]

占い

あなたの手のひらに、×(バツ)や十字架に似た形の印がありませんか? この印を十字(クロス)と呼びます。

手相におけるクロスは、吉相になる場合と凶相になる場合と両方ありますので、ちょっと複雑で見方が難しいかもしれません。また、小さいのでよく見ないと見逃してしまうこともあるでしょう。

しかし、その意味は奥深いものがありますので、あなたの手にないかじっくりと探してみるべきです。

今回は、クロスについてくわしく紹介していきたいと思います。

Read more

手相の基本知識。「基本三線」とは【手相占い】

強運の手相? 十字(クロス)とは

手のひらに現れる十字(クロス)は、有名な神秘十字線などの良い意味を持つ相もあり、吉相と思われがちです。

しかし、出ている場所によっては、悪いことが起こるかもしれないから気を付けるようにとの警告の意味になります。吉相か凶相か、しっかり見分けなくはなりません。

十字(クロス)線とは。十字(クロス)が指す基本的な意味

バツやプラスのような形になっている状態を、「クロス」、「十字」と呼びます。クロスは、警告の意味合いが強い手相です。

特に、線の上にクロスが出ていると、それらの線の意味を弱めます。また、丘(手のひらのふくらみの部分)の上に出ている場合も、それらの丘の持つ意味を弱めてしまいます。

位置によって変化する「十字(クロス)の意味」

クロスは基本的に「警告」の意味合いが強い手相ですが、例外もあります。有名なのが「神秘十字線」といい、感情線と知能線の間に出ている十字のことです。この相を持っている人は、目に見えない強いパワーで守られているとされ、トラブルや困難から逃れることができ、運が強いのが特徴です。

そのほかにも、太陽十字線、奉仕十字線などの吉相があります。

左手と右手どちらで見たらいいの?

占い師によって見解が分かれることもありますが、右手は後天的な運勢、左手は先天的な運勢を見るというのが、手相の基本です。

十字(クロス)を見るなら、現在や将来のことがわかり、変化しやすい右手を中心に見たほうがいいでしょう。十字(クロス)は出たり消えたりする可能性が高い線でもあるからです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ