無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ほっくり感と甘みがたまらない♪ この秋食べたい「いも・栗スイーツ」/「おいしかった!」100票超えのお取り寄せ vol.8

グルメ

栗やさつまいもを使ったスイーツが並ぶ季節になると、秋の訪れを感じますね。そこで今回は、おとりよせネットのユーザーの方々から「おいしかった!」を100票以上集めた、この秋食べたい「いも・栗スイーツ」をご紹介します。

栗やさつまいもを使ったスイーツが並ぶ季節になると、秋の訪れを感じますね。そこで今回は、おとりよせネットのユーザーの方々から「おいしかった!」を100票以上集めた、この秋食べたい「いも・栗スイーツ」をご紹介します。

栗きんとんと甘露煮を合わせた、栗をたっぷり堪能できる棹菓子

岐阜県美濃地方の郷土菓子である栗きんとんをベースに作られた「山つと」は、恵那川上屋で人気の棹菓子です。栗きんとんに栗の甘露煮を合わせ、押し固めてから蒸しているので、茶巾絞りにした栗きんとんとは違った味わいを楽しめます。

羊羹のようにお好みの厚さでカットすると、ゴロゴロと混ぜ込まれた甘露煮がお目見え。石畳をイメージしたという断面の美しさは趣があり、お気に入りのお皿に乗せて食べたくなる上品なたたずまいです。

口に入れると、濃厚な舌触りの栗きんとんと、ほっくりと炊かれた甘露煮の食感が絶妙に混ざり合い、ずっと食べ続けたくなるおいしさ。栗の風味が口いっぱいに広がり、栗を存分に楽しめる1品です。秋の味覚の栗をぎゅっと詰め込んだお菓子は、おとりよせネットのユーザーの方々から「おいしかった!」を700票以上集めています。

どこを食べても栗!水をつかってないので、栗本来の味を堪能できます。栗好きにはたまらないお菓子です。栗きんとんとはまた違った味わいが、言葉には言い表せられないですね。食べ出したら止まらないですよ。1本軽く食べられちゃいます。(まるさん)
山つと/恵那川上屋

鳴門金時「里むすめ」を皮ごと使った、ふんわりホールケーキ

温暖な気候で育つ鳴門金時は、甘味が強く、栗のようにホクホクした食感が特長の徳島ブランドのサツマイモです。鳴門金時のなかで、里浦で栽培された「里むすめ」は、きめ細かくて美しい外見と、上質な甘味のあるサツマイモの1つ。そんな里むすめを贅沢に使ったホールケーキが「とりいさん家の芋ケーキ」です。

ケーキをカットすると、しっとりスポンジ、ふんわりムース、皮ごと使用したペースト、パリッとしたキャラメルの4層に分かれ、側面にはスライスした焼きいもが並びます。使われている材料の5割がサツマイモというほど、思う存分サツマイモを楽しめるケーキです。

一口食べると、サツマイモの風味が口いっぱいに広がり、キャラメルの香ばしさとほろ苦さが絶妙なアクセントになっています。一番厚いムース層はふわっふわっで、口のなかでとろけていきますよ。見た目もおしゃれで、ホームパーティーのデザートにぴったりです。

中心のペースト・ムース層は、なるほどふんわりとしていて、滑らかでクリーミーな舌触り。「わっ!里むすめ・・・。」と感じるほど、しっかりそのお味がします。程よい苦味のある香ばしいキャラメル層と、口の中で溶け合ってとても美味しい。キャラメリゼのパリパリした食感も、いいアクセントになっています。素材そのものも最高に美味しい「里むすめ」を、いろいろな形で味わい楽しめる、期待以上に贅沢なケーキでした。(MIEさん)
とりいさん家の芋ケーキMサイズ/バランタイン

季節限定!食べれば秋の訪れを感じる、中津川の名店の栗きんとん

岐阜県中津川市にある名店「すや」の栗きんとんです。厳選された栗と砂糖のみを使って炊き上げ、布巾で茶巾絞りにして作られています。この栗きんとん独特のフォルムは、「きんとんは栗のかたちにもどす」という昔からの伝統を受け継いでいるそうです。

ほぼ栗で作られているのに風味豊かなのは、炊き上げられた栗を裏ごしするときに、少し栗の粒を残しているから。ねっとりとした濃厚な舌触りのなかに、栗の粒がアクセントになった食感は絶妙です。甘味は控えめで優しく、栗の素朴な風味を引き立てています。

栗きんとんの販売は、9~1月までの期間限定。1年のうち限られた期間でしか味わえないので、秋の訪れを待ちに待っている人も多いかもしれません。栗きんとん発祥の地といわれている中津川市の名店の味は、毎年食べるというファンの方も多い1品です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ