無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[基礎代謝もアップ♪]簡単にできる「猫のびストレッチ」ダイエット

美容

猫が気持ちよさそうに伸びをするストレッチポーズが、実はダイエットにおすすめなことをご存知でしょうか?筋肉の柔軟性を向上させ、基礎代謝アップも期待できるんですよ♪お家でだれでも簡単にできる「猫のびストレッチ」のコツを3つ解説します!

猫のびストレッチのコツ1:ゆっくりとした呼吸で自律神経を整える

猫が気持ちよさそうに前脚を伸ばしているポーズを、見たことがある方も多いのではないでしょうか。猫のびストレッチとは、猫が伸びをするポーズを真似したストレッチのポーズです。まずは「猫のびストレッチ」の方法をご紹介します。

猫のポーズのやり方

1.手のひらと膝を床につけ、両膝の幅は拳2つ分ほど開けて四つん這いになります。
2.そのまま鼻から息を吸い、お腹を膨らませて背中を丸めます。
3.ゆっくりと息を吐き出し、お腹をへこませます。
4.息を吐いたまま手を前に伸ばし、お尻を突き出して背中から肩甲骨を伸ばします。
(このとき「ニャー」と声を出すと力が上手に抜けます)
5.伸びたポーズで数秒間キープし、また2のポーズに戻ります。
6.これを10回ほど繰り返しましょう。

腹式呼吸がカギ

猫のびストレッチのコツ1つ目は、「ゆっくりとした呼吸」です。鼻から息を吸い、お腹をつかう「腹式呼吸」によって、乱れやすい自律神経を整えてくれる効果が期待できます。

【1日5分でポッコリお腹を解消!】誰でもできる「腸リンパエクササイズ」とは?

そもそも自律神経とは?

そもそも自律神経とは、わたしたちの身体機能を健全に保つ役割を果たしています。しかし、日ごろの疲れやストレスによって乱れが生じると、体温の低下やホルモンの分泌不良を引き起こしてしまうんですね。

腹式呼吸による深い呼吸には、自律神経を調整する副交感神経を活発にする働きがあるといわれています。副交感神経の働きにより、ダイエットにうれしい代謝のアップや、リラックス効果をもたらすことが期待できるんですよ!

日々の暮らしの中で乱れやすい自律神経を整えるために、猫のびストレッチをぜひ取り入れることをおすすめします♪

猫のびストレッチのコツ2:肩甲骨を伸ばして血行を促す

肩甲骨をしっかり伸ばそう

猫伸びストレッチのコツは、呼吸だけでなく「肩甲骨を伸ばす」ところにもあります。

肩甲骨の周辺には、「褐色脂肪細胞」という細胞があります。ストレッチによって肩甲骨の筋肉を刺激すると、褐色脂肪細胞を活性化できると言われています。褐色脂肪細胞の働きが活発になることで、脂肪燃焼効果が期待できるというわけです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ