無料の会員登録をすると
お気に入りができます

うそーん!? これってスーツケースに入れられるモノだったんですね

ライフスタイル

旅行や出張など、宿泊先のホテルでお湯が欲しいと思った経験がある人は多いはず。でも、ホテルのケトルを使うのは衛生的に心配…という方に重宝するのが折りたたみ式の「携帯ケトル」です。そこで人気の4製品を集めて『MONOQLO』が徹底検証。旅のお供にしたい「携帯ケトル」をご紹介します。

360.life編集部/Test by MONOQLO編集部

▼テスト結果
 総合評価:A

サンコー「折りたたみ電気ケトル」は中央のシリコン部分(茶色の部分)を折りたたんでコンパクトに収納できます。沸騰まで時間がかかりますが、1℃単位で温度設定できるのは便利。ただ、横の取っ手が収納する際に気にかかりました。

シリコン部分が高温になりますが、全体的に問題ナシ。高温になっている面積が狭く、安全に利用できます。

取っ手が本体に折りたためるIKENOKOI「トラベルケトル」

IKENOKOI
トラベルケトル
実勢価格:6799円

Amazonで見る

▼テスト結果
 総合評価:A

サンコーと同様の構造ですが、IKENOKOI「トラベルケトル」は取っ手が本体に折りたため、よりコンパクト。特に使いづらさはありませんが、取扱説明書が中国語でした。

取っ手そのものは熱くなりませんが、フタ近くの取っ手収納部分がやや熱くなりました。

以上、折りたたみ携帯ケトルの厳選3選をご紹介しました。ミヨシが圧倒的ベストバイという結果になりましたが、IKENOKOIやサンコーも使用にはなんら問題はありません。気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。「My ケトル」をお供に旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

※本記事は国内での使用を前提としてテストを行いました。海外で使用する予定の場合は、対応電圧などを公式ホームページで予めご確認ください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ