無料の会員登録をすると
お気に入りができます

狭い部屋でもすっきり!一人暮らしの《洋服収納》アイデア特集☆

インテリア

一人暮らしの方にも似合うクローゼットの使用方法は、クローゼットのバーに吊りケースを取り付け、使用頻度の高いボトムスを収納するやり方です。

また、スチールラックと無印の箱を組み合わせ、箱に使用頻度の低いボトムスを入れていますよ。

バーが縦方向と横方向に付いた保管場所で、縦方向のバーに着丈の長い衣類を掛けてスペースを上手に使っていますよね。

衣類と布団を一緒に収納する方法

一人暮らしの狭いクローゼットでシーズンオフの布団や毛布を上手に仕舞うコツは、IKEAのスクッブを使うことです。

側面に板があるファスナー式収納箱は、クローゼットの上段や下段に積み重ねる使い方も可能。

また、スクッブには間仕切りが付いたモデルもあるので衣服の整理にも役立ちますよ。

さらに、クローゼット内のスペースを有効に使えるスクッブを立てて仕舞う使い方も人気です。

一人暮らしの洋服収納《押入れ》

台やドロワーで押入れを有効活用するコツ

一人暮らしの押入れを有効活用するコツは、台やドロワーを利用することです。

画像では下段にキャスター付きドロワーを組み合わせ、上段には台をプラスしていますよ。

また、台の横の空間を利用して衣服をハンガーに掛けて吊っています。さらに、上の棚板に取っ手付き箱を並べて可愛くコーディネートした実例。

押入れ内の台は、布団を一緒に収納したい方にも適したアイテムですよ。

一人暮らしにも似合う美しい服収納のコツ

一人暮らしの押入れをクローゼットとして使うコツは、ツッパリ棒を使うことです。また、中央にポールがあるツッパリ棒ならたくさんの衣服を吊り下げられますよ。

吊り下げた衣服の下に無印の箱を並べて、ボトムスや小物類を仕舞うアイデアも真似したいポイント。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ