無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そんなバカな…ボディソープでこんなに肌が変わるなんて!

美容

肌に優しく保湿力のある液体ボディソープを探します!

ドラッグストアにはたくさんのボディソープがありますが、最近「保湿」や「うるおい」をうたう商品も多いですよね。

従来の液体タイプのボディソープに加え、泡タイプの製品もたくさん登場しています。

これから乾燥が気になる季節になるので、汚れはしっかり落としつつも、肌に優しく保湿力の高いものを選びたいもの。

そこで、コスメを本音で評価する雑誌「LDK the Beauty」が、液体タイプのボディソープ36製品を徹底比較!

1000円以下、2000円以下、2000円以上の価格帯別に、ランキング形式でご紹介します。泡タイプのボディソープランキングも近日公開予定です!

▼テストしたブランドはこちら
・ビオレu
・ダブ
・ニベア
・ココカラファイン
・トップバリュ
・メルサボン
・ミノン
・ノブ
・ロクシタン
・THREE
・ボタニスト
・ザボディショップ
・カウブランド無添加
・キュレル
・ナチュサボン
・ラッシュ
・メルヴィータ
・ママバター
・マシェリ
・ファンケル
・キールズ
・ミルキィ
・LIPS and HIPS
・ヴェレダ
・デオコ
・ザパブリックオーガニック
・アテニア
・ドクターシーラボ
・イソップ
・M-mark
・ドゥ・サージ
・ネイチャーズワールド
・ダイソー
・カインズ
・アミノメイソン
・ミュオ

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

ボディソープは保湿力洗浄力・成分で選ぶ!

今回は、プロへの取材やアンケート調査でわかった3つのポイントでテストをしました。

[ポイント①:保湿力]

これからの季節、お風呂上がりにカサついてしまうボディソープは使いたくないですよね。泡立てたボディソープを洗い流し、30分後の肌水分を専門機器で計測しました。

[ポイント②:洗浄力]

夏のように汗をかかなくても、肌には皮脂汚れがついています。皮脂汚れを再現したものに泡をのせて洗い、どれだけ汚れを落とせたかをジャッジしました。

[ポイント②:成分]

肌への刺激が穏やかなアミノ酸系から、洗浄力が強い分刺激になることもある石けん系まで、界面活性剤の成分を4段階に分けて評価しました。

※総合評価は「保湿力」と「洗浄力」を重視して決定しています。

コスパ重視の人は1000円以下の「ソフティモ」か「ダヴ」が◎

毎日使うボディソープは、なるべくコスパが良いものを選びたいですよね。まずは。1000円以下で購入できるボディソープ15本をご紹介します。

洗うたびもっちり美肌に!保湿クリーム級の濃密泡

KOSE(コーセー)
ソフティモ(softymo)
ナチュサボン セレクト
ホワイト ボディウォッシュリッチモイスト
実勢価格 : 652円
容量:500ml
香り:上品なローズ&マグノリアの香り

オーガニックのシアバターやムルムルバターなどの植物由来のエモリエント成分を配合した1本です。泡がもちもちっと濃密で、まるで保湿クリームで全身を洗っているようななめらかさがあります。

保湿効果も高く、湯上がりもっちり肌が持続します。香りは上品なローズ系で700円以下とコスパも優秀。見事ベストバイに輝きました!

クリーミーな泡はご褒美!触り心地が感動のうるツヤに!

ユニリーバ・ジャパン
ダヴ(Dove)
ボディウォッシュ ボタニカルセレクション
実勢価格:673円
容量:500g
香り:ラベンダー

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ