無料の会員登録をすると
お気に入りができます

コレクターズ vol.6「わたしの、ブローチ&ピンバッジコレクション」

DIY

気づけば増えているコレクション

いつもシャツの襟や胸もとに、思わず「これは、なんですか?」と尋ねたくなるような、ユニークでかわいいワンポイントを身につけている、同僚がいます。デザイナーのきでりんさん。「これはね、」とひとつひとつ説明してくれるので、うれしくなってしまいます。

こうして見てみると、どうぶつがいっぱい。みんな「生き物」ですね。

きでりん: そうそう。どうぶつが好き、っていうのももちろんあるけど。樹脂だとか金属だとか、土だとか。そういう無機質な素材に、作家さんの創造力と手仕事が加わることで、そっと命が吹き込まれたみたいに感じて、なんか、おもしろいなあって。

不思議と、どれも本当に生き生きして見えますもんね。

きでりん: それで気に入ったものがどんどん増えて。メガネトレイに入れてたんだけど、もう溢れ出してきちゃった(笑)。今日持ってきたのは、ごく一部なんです。

ピンとブローチ

ピンバッジが7個。ブローチとピンバッジって、使い方に違いはありますか?

きでりん: つける位置が変わるかなあ。ブローチは、シャツやスウェットの胸もとにつけることが多いです。ピンズ(ピンバッジ)は留め具が分離して突起してるから、シャツの胸にはちょっとつけづらくて。ジャケットやコートの襟につけたりね。

そうか。襟につけるのもかわいいですよね。サイズも小さいものが多いですけど、どれも目を惹くデザイン。

きでりん: 《我が子を食らうサトゥルヌス》まである。

これは、怖カワイイ。

触れたくなる、素朴なぬくもり

木製もたくさんありますね。「木」の良さってなんでしょう。

きでりん: なんと言っても軽いのがいいですね。Tシャツに付けても、生地を傷めにくくて。あとは、木製ならではのぬくもりもやっぱり好きですよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ