無料の会員登録をすると
お気に入りができます

転職活動したいのに時間がない!働きながら効率よく活動するコツ

ライフスタイル

今回は「転職活動したいのに時間がない」という女性のお悩みに、外資系OLコラムニストのぱぴこさんがアドバイス。

転職活動したいのに時間がない

今の会社からの転職を考えていますが、仕事が忙しくて転職活動する時間がありません。とりあえずエージェントには登録しましたが、面談の時間を作るのもやっとで、そこから職務経歴書の作成や面接があることを考えると、時間が取れるのか不安です。働きながら効率よく転職活動するには、どうすればいいのでしょう。

「時間がない!」

これは転職活動における最大の敵です。転職活動は時間が必要です。履歴書、職務経歴書の作成、エージェントとの面談、企業の面接会場への移動時間と面接など、拘束時間がぐん! と上がります。

ぶっちゃけた話、この時間は「作る」しかありません。なんの解決策にもならずにすみません。

しかし、転職と婚活はまず「リソース確保(=時間)が必要」なのは事実です。変わらない現実は受け止めておいてください。

そんな大前提は抑えた上で、なるべく時間を有効に! という感覚は重要です。効率化を考えるために、転職活動における時間の種類を考えてみましょう。

転職活動において必要な時間は2種類ある

転職活動に必要な時間を分解すると、大きく2種類に分かれます。

1.自分の時間 (自分自身が作業する時間)
2.他者との時間 (面談・面接など人とのコミュニケーションに関わる時間)

転職活動での時間のなさを考えるとき、面接時間や移動時間などの「2.他者との時間」に目がいきますが、実は重要なのは「1.自分の時間」です。

なぜかというと、2は他者が関わるためコントロールができませんが、1は自分自身で調整可能だからです。

具体的に確認しましょう。

1.自分の時間 (自分自身が作業する時間)

自分の時間とは下記に必要な時間です。

・履歴書、職務経歴書などドキュメント類の作成
・面接対策や企業研究
・WEBテスト対策やWEBテスト受験

これらの時間の捻出は、自分自身が「頑張る」ことである程度はどうにかできます。業務終了後や休日など、自分の隙間時間を使って粛々とやることです。

自分でいつでもできるからこそ、「いつでもできる」でズルズルとうしろ倒しにしがちですが、グッと踏ん張りましょう。きちんと準備すると、結果として転職活動全体の効率化・短期間化に繋がります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ