無料の会員登録をすると
お気に入りができます

釜玉うどんに肉うどんまで!「讃岐うどん」の人気レシピ15選

コシのある「讃岐うどん」は通常のおだしだけでなく、ぶっかけにしても冷たくしてもおいしく食べられます。今回は、讃岐うどんにおすすめのアレンジレシピをご紹介しますよ!イタリアンにも中華風のレシピもあるのでちょっと変わった食べ方がしたいときにも参考にしてみてください。

レシピ

【温】讃岐うどんレシピ7選

1. だしのうまみを楽しむ「釜玉風うどん」

釜玉うどんはだしのうまみがダイレクトに感じられる食べ方。讃岐うどんのようにコシが強い麺にはしっかりとだしの効いたあごだしがぴったりですね。卵の黄身の濃厚な風味にご家庭にある薬味を足すことでいろんなテイストで食べることができます。

レシピはこちら|レシピブログ

2. ひと手間かけて絶品の仕上がり「関西風肉うどん」

ていねいに作った肉うどんは、おだしをすべて飲み干したくなるおいしさ。コツは、肉を下ゆでして必ずあく抜きをすること。ネギとの相性も抜群で、たっぷりのお肉は男性やお子さんに大評判のうどんになること間違いなしです。

レシピはこちら|Nadia

3. お酢とトマトで酸味が効いた「酸辣湯ニラ玉トマトうどん」

酸辣湯のスープにトマトやニラなど野菜を入れて卵とじにしたものをうどんの上にかけたとろみがたまらない中華風のうどんです。仕上げは一味ではなく挽きたて黒コショウをかけて食べてくださいね。さっぱり食べられますよ!

レシピはこちら|SnapDish

4. 根菜たっぷり「あったかけんちんうどん」

根菜をたっぷり使った讃岐うどん。味の決め手は米麹や昆布茶を使っておだしのうまみを深く仕上げていること。ネギの代わりに水菜が入ればさらに食感の違いも楽しめますね。寒い日にはおだしをたっぷり飲んで体がほんわか温まりましょう。

レシピはこちら|Nadia

5. 体が芯から温まる「トロ玉本格チゲ鍋うどん」

しょうがやみそなど家庭にある調味料とコチュジャンやトウガラシ粉などがあればチゲ鍋のスープは思ったよりも簡単にできます。できたスープに肉や野菜をたっぷり入れて具沢山のうどんに。辛みの調整に卵を落として食べてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ