無料の会員登録をすると
お気に入りができます

むっちり太ももは表と裏から鍛える|痩せやすい冬こそ♡ボディメイクヨガ

ビューティ

腿の表裏の筋肉を鍛え、360度引き締まったレッグラインを手に入れる

気になるけれどなかなか痩せにくい部位のひとつが太腿。原因がわかると対策が取りやすく、腿の前側が太い人は筋肉のハリが影響しているのかも。そんなときは、「戦士のポーズⅠ・Ⅱ」の後ろ脚の動きがストレッチ効果を発揮します。一方、腿裏のたるみが気になる人は、軸足の腿裏の筋肉を使う片脚立ちの「木のポーズ」を取り入れてみて。さらに内腿、腿裏、お尻に広く効かせたいときは、脚を肩幅より広く開き、お尻を深く落とす「ワイドスクワット」が効果を発揮しますよ。

木のポーズ

今回ご紹介するのは、腿の表裏の筋肉をバランス良く鍛え、360度引き締まった太腿を作るヨガポーズ。太腿の筋肉を使うと全身の代謝促進にもつながり、体質改善も期待できます!(西澤絵理さん)

戦士のポーズⅠ

目的と効果:前側の足の小指、親指、かかとで踏み込むことで太腿前面の筋肉が働き、太腿をシェイプアップする。

やり方

1.脚を揃えて立ち、両腕は体側に沿って伸ばす。

Photo by Shoko Matsuhashi

2.左脚を大きく後ろに下げ、左つま先は少し外側に向ける。右膝を曲げて膝下に足首をセットして踏み込み、左かかとでもマットを強く押す。体が傾くときは足幅を狭める。

Photo by Shoko Matsuhashi

3.両腕を天井へ上げ、視線は指先へ。耳と肩を遠ざけて肩まわりはリラックスし反り腰に注意する。反対側も同様に行う。

Photo by Shoko Matsuhashi

効果UPのポイント:前脚の太腿に効かせるためには、両足で強く踏み込むのがポイント。ただし、踏み込みすぎると骨盤が傾くので調整しながら行う。

長座前屈のポーズ

目的と効果:体の背面の筋肉を使う前屈の動きにより、腿裏の筋肉を働かせてたるみを改善。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ