無料の会員登録をすると
お気に入りができます

水切れ率をチェック! 生ゴミ処理に最適なネットはこれ

キッチンの中でも、特に清潔にしておきたいシンク。キレイに保つためには、生ゴミの処理が不可欠です。 そんな時に必要なのが水切りネット。サッと水が切れるネットなら、取り出してすぐ捨てるだけなので楽チン! 100均でも気軽に買えるものですが、コスパもよくて不快感なく使えるのはどれなのでしょうか? 実際に商品をテストして、ランキングにしました。

ライフスタイル

排水溝をいちいち掃除するのは手間!水切りネットでサッと解決

料理の後、洗い物を終えた後のシンクには細かい生ゴミがいっぱい! 排水溝のゴミ受けに詰まってしまうと掃除も大変ですよね。そんな時に「水切りネット」を使用すれば、取り出してゴミを捨てるだけなので格段と楽になります。

ベチャベチャの生ゴミは不潔…触れるのがイヤ!

とはいえ、どんなネットでも同じかというと、そうではありません。水が切りにくいものだと、取り出した時に生ゴミが水でビチョビチョ…。このままゴミ箱に捨てるのは不衛生です。毎日使うものなので、ストレスなく使用できるネットを使いたいところ。

水切りネットは毎日使うものだから良いものを選びたい!

ではストレスなく使用できる水切りネットを選ぶ際には、どんなところに注目すれば良いのでしょうか?いくつかポイントをまとめてみました。

選ぶポイント①:コスパ

まず大事なのはコスパです。清潔さを保つために毎日交換するなら、なるべく価格もおさえておきたいですよね。安ければバンバン使っても損した気にはなりません!

選ぶポイント②:使いやすさ

毎日使うものなので、袋から出した時に何枚も取れてしまったり、取り出しにくいとストレスに。スルッと取りやすく、素材も頑丈で伸びが良いものだとセットするのも楽だし、破れません。

選ぶポイント③:水切れ

最後は水切れのよさです。いつまでも水滴が落ちずに溜まっていると、ずっと持ち上げているのも不快感につながるので、すぐに捨てられるかどうかは大事!

ネットで評判の100均はどう?本当に使える水切りネットをテスト

選び方のポイントがわかったものの、水の切りやすさや使い心地は実際に触ってみないとわかりません。今回はネットで評判の商品を購入し、『LDK』編集部と、プロの料理研究家に選び方のポイントで挙げた3項目を採点してもらいました!

水切りの良し悪しに関しては、専門機関で濡れたコットンを放置して重さを計測しました。

水切り袋の上に濡れたコットンを置いて、1時間ごとに重さを計測。軽くなったものほど、水切れのよいネットと評価します。

プロの厳しい目をくぐり抜け、優秀だった水切りネットは一体どれなのでしょうか? ランキング形式で発表します。

それでは早速どうぞ!

水切れもネットの厚さもバッチリな「ハウディ」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ