無料の会員登録をすると
お気に入りができます

それって大損!?確定申告をしないと起こる「デメリット」をプロが徹底解説[令和2年版]

ライフスタイル

こんにちは、ヨムーノ編集部です。
令和2年度の確定申告の期間は2月17日(月)~3月16日(月)です。

所得税法では毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得について、翌年2月16日から3月15日までの間に確定申告を行い、所得税を納付することになっています。令和2年度(平成31年~令和元年・2019年分)の確定申告の締め切りは、令和2年3月16日(月)です。

所得が2000万円以上のサラリーマンやフリーランスの人、副業で一定額以上の収入がある人など、確定申告が必要な人が、万が一申告を忘れてしまったら…そんな時に起こるデメリットについて調べてみました。

監修・執筆者紹介

【経済ジャーナリスト】酒井富士子[サカイフジコ]

確定申告はしないとダメ?サラリーマンにも必要?

サラリーマンなど給与所得者は、雇用先の企業が年末に行う年末調整によって、1年分の税金を支払っているので、基本的には確定申告をする必要はありません。ですが給与所得者でも、条件によっては確定申告をする必要がある人がいます。

サラリーマンでも確定申告が必要な主な条件

・1年間の給与所得が2000万円を超える人

・副業などで収入が20万円を超える人

・源泉徴収義務のない者から給与等の支払いを受けている人
などです。

また還付申告をしたい人も確定申告が必要な対象者です。

還付申告が必要な人の主な条件

・ふるさと納税を6か所以上の自治体にした、
またワンストップ特例を申請していない
・住宅ローンを組んで家を購入またリフォームをした

・1年間の医療費が10万円を超えた
などです。

期限までに確定申告をしなかったら? 遅れた場合は?

では、期限までに所得税の申告をしないとどうなるのでしょうか?
期限を過ぎて申告した場合、「期限後申告」として取り扱われます。この期限後申告をすると、申告等によっては納める税金の他に、無申告加算税が課せられることがあります。

無申告加算税は、原則として納付すべき税額に対して、50万円までは15%、50万円を超える部分は20%の割合を乗じて計算した金額になります。
ただ期限内申告をする意思があったと認められる、法定申告期限から1カ月以内など、一定の条件を満たせばこの無申告加算税は課されることはありません。

ですが、期限後申告を行った結果、納付しなければいけなかった税額があった場合には「延滞税」を支払う必要があります。延滞税の額は、申告期日から申告書を提出した日数に応じて計算されるので、申告が遅くなるほど、延滞税は増えてしまう可能性もあります。
万が一期日に間に合わなくても、早めに対応することが大切なようです。

収入がなくても、確定申告は必要なの?

収入がない人でも確定申告をする必要はあるのでしょうか?
前年の1月1日から12月31日までの期間、全くの無収入ということであれば、確定申告は必要ありません。ですが、現在無職でも、年の途中まで会社員として働いていた場合は、年末調整を受けていない状況です。所得税は年末までの給与を見越して計算されていいるため、所得税を払い過ぎている場合があります。確定申告をして還付を受けられることが多いのでぜひ確認してみましょう。

また12月31日で退職し、1月以降無収入という人も要注意。12月分の給与が翌1月以降に支払われる場合は、翌年の収入とみなされます。この場合も確定申告をすることで、払い過ぎた税金を取り戻すことができます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ