無料の会員登録をすると
お気に入りができます

幸せだった「あの頃の2人」に戻る方法

恋愛・結婚

優先度が下がるということ。会えるにしても当日に「今日いける?」と連絡がきたりします。あらかじめ予定に組みこむより思いつきで会いたくなれば、という感じです。

彼から「会おうよ」という回数が目に見えて減るわけです。

(3)返事が上の空になる

デートのときの会話にもあらわれます。

話しかけても「ああ、そうだね」といった調子の返事が返ってきます。ほかのことを考えていたり、その場に集中していなかったり。まさに心ここにあらずです。

ちゃんと話を聞いてくれているかをチェックしましょう。

(4)話をしてくれなくなる

(3)にも関連していて、彼から話をしてくれることも少なくなります。特に「将来のために考えていること」「今悩んでいること」といった深い話がなくなります。深く関わろうという欲求が薄れるためです。

会話の内容にも気をつけてください。

(5)「忙しい」と口にする

都合のいいセリフだから。

自分(男性側)は悪くないし、LINEの返事が送れるときも、会える回数が減るときも、会話に集中できないときも「忙しくて……」で対応できてしまうのです。

もちろん、どんなに忙しくても時間の都合くらいつけられます。それが仕事のできる男性というものですから。

そうなのです。それを「言い訳に使われている」こと自体がイエローシグナルなのですね。

男性の「忙しい」に敏感になっておいてくださいませ。

彼の気持ちを取り戻すには?

一度愛想を尽かされても、諦めてはいけません。彼の気持ちを取り戻す方法はあります。

(1)生活を改める

正攻法。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ