無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

ちょっとお疲れなあなたに。心を休める5つの処方箋

ライフスタイル

「心を休める時間」を確保しよう。

「何をするにも、モチベーションが上がらない」「些細なことで落ち込んだり、イライラしたり…」そんな状態が続いていたら、心がお疲れのサインを出しているのかもしれません。

unsplash.com

今回は、ちょっとお疲れな心を休める、5つの処方箋をご紹介。毎日頑張る自分の心をケアして、元気になるための準備をしてみませんか?

お疲れな心を休める5つの処方箋

1.自分にだけは嘘をつかない

「こんなことで辛いって言うのは甘えかな?」「こんな風に思うのは、冷たいかな?」頑張っている人ほど、自分の心の声にまで厳しくなってしまうもの。

unsplash.com

愚痴をこぼさずに頑張る姿は素敵ですが、自分の心にまで制限をしてしまうと、心に限界がきてしまうことも。自分が何を思うか、何を考えるかに対してはもっと寛容になり、そんな気持ちを素直に受け止めてみましょう。

2.幼い頃の自分に会いに行く

仕事、家事、人付き合い…大人になるにつれ、考えるべきことが増えていきます。楽しい時間でさえ「頭の片隅には仕事のことが…」なんて方も多いのでは?そこでおすすめなのが、「幼い頃の自分に会いにいく」こと。

unsplash.com

何も考えずにその瞬間を楽しめていた、あの頃の自分を思い出してみましょう。昔の写真を見たり、好きだったことを思い出してみたり。幼い頃の純粋な気持ちは、大人になった私たちを癒してくれることもあります。

3.自然と触れてみる

ただまっすぐに、一生懸命に成長している自然の植物たち。お疲れな心を癒すには、うってつけの存在です。心を癒す効果のある緑を眺めてみたり、気持ちが明るくなるようなお花たちを眺めてみたり…。

unsplash.com

近くの公園までお散歩してみるのも、自宅にお花やグリーンを飾ってみるのもOK。複雑なことで一杯になっていた頭がすっきりしてくることで、なんとなくだるさを感じていた身体も、すっかり軽やかに。

4.誰かに話すか、書き込む

自分の中に閉じ込めたネガティブな感情たちは、定期的に解放してあげるのがおすすめです。信頼している誰かに話してみたり、共感してくれそうな人と分かち合ってみたり。

unsplash.com
記事に関するお問い合わせ