無料の会員登録をすると
お気に入りができます

貯金ゼロから「5年で1,000万円貯蓄!」成功者が「コレやめたらみるみる貯まった!」5つのこと

節約・マネー

こんにちは!貯金と節約が大好きなヨムーノライターchippuです。

我が家は結婚当時、残高がほぼゼロに近い状態でした。
結婚してすぐ、私が家計管理を任されることになり、夫から受け取った通帳の残高を見た時の衝撃は、今でも忘れられません…。

そんな我が家ですが、結婚5年目で貯金1000万円を達成することができたのです!

今回は、年収はいたって標準的、子どもも2人いる我が家が1000万円貯めるために、「やめたこと」を紹介いたします。

【1000万円貯金のためにやめたこと1】特売品狙った「スーパーのはしご」

結婚当初の私が行っていた朝の日課は、自宅周辺のスーパーのネット広告を片っ端からチェックすること。

「今日はたまごが1パック100円で買える!」「豚肉が100グラム88円で買える!」など、特売品を狙って頻繁に買い物へ行っていました。
それぞれのお店で買いたい特売品がある日は、1日の間にスーパーを3店舗以上はしごしていたことも…。

しかし、目当ての特売品だけを購入するかと思えば、「あれも安い!」「これもお買い得!」と、結局いろいろなものを購入してしまい、予算オーバーしてしまうことが少なくありませんでした。

買い物は週1回のまとめ買いへ変更!

「このままではいけない!」と貯金をするために、食料品の買い方を見直してからは、スーパーのはしごをしないように気を付けました。

現在でも、食料品の購入は、基本的に1週間に1度のまとめ買いです。
週に1度だけスーパーに行くようにすることで、ムダな買い物も減りますし、自宅冷蔵庫にあるもので1週間どうにか乗り切ろうと意識できます。

メニューによっては、「アレが足りない」と買い足しに行きたくなることもありますが、なければないで自宅にある他の食材で代用できたりするものです。
以前の私は、“ポテトサラダにきゅうりは必須“と思っていましたが、今では、水菜やブロッコリーなど、他の食材で代用できるようになりました。

まとめ買いをするようになってからは、食材ロスが減り、食費が節約できるようになっただけでなく、メニューの幅も広がったので、まさに一石二鳥です!

【1000万円貯金のためにやめたこと2】疲れたときの「突然の外食」

家事に疲れたときや、思うようにやる気スイッチが入らないとき、「今日は外食にしよう」と外で食事を済ませることも多々ありました。
外食にすれば、食事を作らなくて良いだけでなく、洗い物や献立決めなどの地味な家事も不要になるので、ラクできるのは当然です。

しかし、ファーストフードやファミレスなど、比較的値段の安いお店を選んでも、大人2人で2,000円はかかります。
そういった外食の積み重ねで、1ヶ月5千円~1万円ほどムダな出費がでていました。

作り置き&冷凍食品のストックで乗り切る!

今では、外食をしても月に1回程度。まったく外食をしない月もあります。
子どもも2人に増え、仕事と家事も両立しながら生活する毎日は、結婚当時よりも「疲れた…」とダウンしてしまうときも。

ですが、そんな日でも外食に頼らず済むように、普段から1品多く副菜を用意し、簡単に調理できる冷凍食品をストックしています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ