無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたの浪費癖がチェックできる10の行動

ほしいものがあると、自分にご褒美と言いながらつい買ってしまうなんて人も多いのでは? 軽く考えていても、もしかしたらそれは浪費癖になっているかも。心理カウンセラーの高見綾さんが語る、浪費癖がある人の特徴と心理をチェックして、自分に当てはまるところがないか見てみましょう。

節約・マネー

買っても使っていないものが多かったり、衝動買いしてしまったりして、「もしかして自分には浪費癖があるのかな」と不安になることもありますよね。

今回は、浪費癖のある人の特徴や心理を解説し、浪費癖を直すためのアプローチ方法を紹介します。

なぜ浪費してしまうのか、その理由を知ることで浪費癖を直すきっかけにしてくださいね。

あなたは浪費癖がある? 簡単チェックリスト

まずは、あなたに浪費癖があるかどうかをチェックしてみましょう。 7つ以上当てはまった人は浪費癖があるかもしれません。

(1)口座の残高やクレジットカードの支払額を把握していない
(2)カードローンやキャッシングを使っている
(3)カード明細を見ても内容が思い出せない
(4)人よりいいものを持っていると気分がいい
(5)用がなくてもコンビニに立ち寄ってしまう
(6)お金が入ったらすぐに使ってしまう
(7)何事もなんとかなると思っている
(8)買っても使っていないものがたくさんある
(9)ネットショッピングが好きで、いいなと思うとすぐポチっとしている
(10)クローゼットに似たような洋服がたくさんあるルールです。

浪費癖がある人の10の特徴

浪費癖がある人にはどんな傾向があるのでしょうか。よくある特徴を挙げてみました。

(1)買ってから一度も着ていない服がある

いいなと思って買っても、それで満足してしまい一度も着ていない服がクローゼットの中にあったりします。気づけば、似た色やデザインの洋服ばかり、なんていうことも。

(2)物欲が強い

浪費癖がある人は、高級品やオシャレな物など、物を買うことに対して強い欲求があります。たくさん物がほしいと思うので結果的にお金をたくさん使ってしまうのです。

(3)お金に無頓着

収入が多い人であっても、浪費癖のせいでいつも金欠気味になっているケースも。今が楽しければそれでいいと考え、手元にお金があればあるだけ使う傾向があります。

(4)プライドが高い

他人よりいいものを身につけたり、高級なお店で外食したりするなど、リッチな生活を送ることに優越感を持っています。自分のステータスを維持したくて浪費する傾向があります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ