無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[人を呼びたくなる玄関]かさばる傘の収納はこうすればよかったんだ!

インテリア

出先で不意に雨が降ってくると、つい気軽に買ってしまう傘。気がつけば、玄関に傘がとっ散らかっていませんか。取り出すたびに傘立てが倒れたりストレスもたまりますよね……。そこでテストする女性誌『LDK』が、スッキリ片付く傘立て2製品を比較検証。ズボラさんでもラクに片付く傘立ての選び方と傘の捨てコツをお伝えします。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』2020年4月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

たまりやすくて収納しづらい傘どうやってスッキリさせる?

急な雨のときについついコンビニなどで気軽に買ってしまう傘。いつのまにか玄関が何本もの傘で散らかってしませんか。玄関は溜まった傘たちでゴチャゴチャしがち。

【こんなことありませんか?】
・開いた傘を閉じないで立てかけている
・取り出すときに必ず傘が倒れてしまう

玄関にはただ立てかけていると傘は邪魔で仕方がありません。“入れっぱなしでもちゃんと収まる傘立て”を選ぶことが大切です。

入れっぱなしでも収まるのはすっぽり覆うタイプの傘立て

玄関にたまる傘は、出入りの際にとても邪魔です。作りがシンプルでコンパクトに収めてくれる傘立てがあれば、大人用も子ども用も入れるだけで片づきます。

マグネットタイプの傘立ては出し入れに苦労する

ドアに貼るマグネットタイプの傘立ては、一見コンパクトに収納できそうです。ただ、ちゃんと閉じた傘を狭いホルダーから出し入れするのが基本。雑に扱うとマグネットがずれることもあり、出し入れのストレスがハンパではありません。

すっぽり覆うタイプの傘立てならラク!

帰宅後にいちいち傘を畳まなくても、そのまま入れるだけでコンパクトに収めてくれます。取り出しのときのストレスもありません。

今回は、コンパクトでありながら開いたままの傘もすっぽり覆うタイプのスチール製の傘立て2製品を比較してみました。

「入れやすさ」「出しやすさ」「安定性」の3項目でジャッジ。使いやすかったのは、「角形」「円型」どちらだったのでしょうか?

出し入れがラク!安定感のある山崎実業の角型

山崎実業
かさ立てXチェンジ
角型MR-BK
実勢価格:2508円

山崎実業のかさ立てXチェンジ角型MR-BKは、間口が広めで安定感があります。ラフな出し入れができて便利です。片面は網が粗く、片面が網が細かいタイプ。粗い方が入れるときに注意が必要なものの、見た目もスッキリしています。

閉じなくてもラクに入れられるので日常使いには便利です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ