無料の会員登録をすると
お気に入りができます

収納スペースがないワンルームもおしゃれに♪素敵な一人暮らしインテリア実例

インテリア

一人暮らしのお部屋は収納スペースが十分でないことも多く、収納家具など収納グッズを使ってお部屋を整える必要があります。

収納スペースがなくてもおしゃれに暮らしたい

一人暮らしのお部屋は収納スペースが十分でないことも多く、収納家具など収納グッズを使ってお部屋を整える必要があります。

今回は収納家具や収納グッズをうまく活用している5部屋を紹介しますので、すっきりとした部屋でおしゃれに暮らせる環境を整えましょう。

収納スペースを確保した一人暮らしインテリア

低めの家具で圧迫感ゼロの部屋

暗めの床に合わせているのは白い家具。白い家具は壁に同化してくれるので圧迫感を感じさせませんね。

隠せる収納家具を取り入れてもいいですが、あえてオープンに収納されています。天然素材のかごを取り入れると、お部屋のおしゃれ度がUPしますよ。

ベッドと反対のスペースには洋服をかけるラック、部屋干し用のラック、食器棚、家電などが置かれています。

できるだけコンパクトサイズの収納グッズを選べば、すっきりして見えますね。収納家具の大きさ選びは慎重に行いましょう!

いろいろなレイアウトを楽しめる部屋

ナチュラルテイストのこちらのお部屋は片面はベッド、収納家具やテーブルをもう片方の壁面に並べ、真ん中の空間を広く使えるようになっています。

窓際にデスクを置き、窓側から背の高い順に収納家具を置いているので視界を遮りません。

同じ部屋ですがレイアウトによって雰囲気が変わりますね。

枕元に棚を置き布を被せたら、ベッドだけが独立しているように見せられます。棚の上はインテリア雑貨を置くなどしておしゃれに。

ワンルームという限られた空間も、アイデア次第でガラッと雰囲気を変えられます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ