無料の会員登録をすると
お気に入りができます

リピ決定!?話題の「食品が長持ちする保存バッグ」半信半疑でお試し!便利と感じた瞬間TOP3

インテリア

こんにちは、収納の少ない家で3人暮らしのライター、池田奈未です。

今話題の「食品が長持ちする保存バッグ」。
しかし、見たところ何の変哲もない保存バッグ。これに入れるだけで、本当に鮮度がキープできるの?

いえ、もちろんきちんと実証されているのだから長持ちするんでしょうけれど、どこか信じられない自分がいます。
そこで今回お届けするのは、このちょっと不思議な保存バッグの体験レポート。家にある食材を片っ端から保存してみました。

入れておくだけで鮮度をキープ。エンバランス加工とは?

野菜、肉、魚といった生鮮食品から、パンなどの加工品まで、食品ロスを大幅に減らしてくれる保存バッグ。
その鮮度保持のヒミツは「エンバランス加工」にあります。

エンバランスとは?

特殊な技術で抗酸化機能を持たせた、新しいプラスチック素材のこと。中に入れた食材の劣化や腐敗を抑え、活性化を促します。

エンバランスの4つのすごさ

1. 鮮度だけでなく栄養素もキープ

2. 常温、冷蔵、冷凍すべてに対応

3. 殺菌剤や抗菌剤などの薬品を使っていないので人に優しい

4. 洗っても効果が落ちない。繰り返し使えてエコ

一般的な保存バッグよりもやや肉厚で、しっかりとした手触り。
これなら繰り返し洗っても、すぐにヘタることはなさそうです。

まずはロスしやすい定番食材の保存から

このバッグで真っ先に試してみたくなるのが、傷みの早い食材の保存ですよね。

バナナ(常温保存 5日目)

左が通常保存、右がエンバランス。
違いは明らかですね。エンバランスに入れたものは変色がおさえられていて、実に固さが残っています。

白菜(冷蔵保存 1週間目)

1週間経っても生き生きとしたまま。黒い点々も出ていません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ