無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「スルスル感」が尋常じゃない!! アイロンかけを楽しいと思える日が来るなんて!

インテリア

面倒な家事代表のアイロンがけラクできるのは…本音で評価!

アイロンがけはやり切ったあとは気分爽快だけど、アイロン自体の重さで疲れるし、うっかりシワが寄ってしまったりと、意外と重労働かつ繊細な作業ですよね。それだけにアイロンがけが億劫……なんて人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「本当に使いやすいアイロン」を見つけるべく、劇団に所属しふだんから舞台衣裳にアイロンがけをされていた正木ひかりさんに、全13製品をなんと2ヶ月にわたって使用いただく検証を敢行!

まさに“アイロンがけマスター”ともいえる正木さんから見たアイロン選びのポイントや、実際の使い勝手の良さを本音で評価してもらいました。

さらに編集部ではランキングにあたって、LDKでおなじみアイロン男爵こと山澤亮二さんにも実際にYシャツのアイロンがけをしてもらい、かけやすさや仕上がりの良さなどのテストも実施! 正木さんの本音評価に、プロによるテスト結果を加味し、全13製品を総合的にジャッジしました。

ダブルのジャッジをくぐり抜け、ベストバイとなった製品はいったいどの製品なのか? その理由も詳細にご紹介していますので、ぜひ最後までご覧くださいね!

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

“アイロンがけマスター”も納得のベストバイを発表!

まずは何はともあれ、今回「アイロンがけがはかどる! 楽しくなる!」とベストバイに輝いた製品を発表しちゃいましょう。

それがこちらです!

パナソニック(Panasonic)
カルル
コードレススチームアイロン
NI-WL704
実勢価格:1万3560円

パナソニックアイロンの最上位モデル「カルル コードレス スチームアイロン NI-WL704」は、全体からやわらかなスチームがフワァ~と出て、浮いているかのように滑らかに動いてくれる逸品です。

「先とおしり側が細くなったレモン型で、布が引き攣れることなく前にも後ろにもスムーズに動かせました。ミラーのようなかけ面で、動きが滑らかなのも使いやすい!」と正木さんも言うように、パナソニックならではの左右前後対照のつやつやのかけ面が特徴となっています。

とにかく細かなシワも一網打尽! これは、文句ナシのベストバイです!

なお、こちらには新モデルが登場しています。これから購入される方は、こちらがおすすめです。

パナソニック(Panasonic)
カルル
コードレススチームアイロン
NI-WL705
実勢価格:1万3463円

つづいてランキング発表……といきたいところですが、その前に今回テストして導き出したアイロン選びのポイントをご紹介しますので、まずはご覧ください。

【選び方のポイント】アイロンはココをチェック!

サンロクマルが重視するアイロンを選ぶ際のポイントは5つです。

①は本テストを参考にしていただきたいと思いますが、②~④はネットでチェックできるポイント、⑤については実際に売り場に足を運び触れてチェックしたいポイントになります。ぜひ、ご活用ください。

1:一番重要なのはスチームの量

とにかくスチームの量で仕上がりが変わります。今回のテストでは、かけやすさも、仕上がりもアイロンによってはっきり違いが出ました。生地の中に蒸気が入り込むものほど素早くキレイになります。ただ、こればかりは実際に使わないとわからないポイントですので、ぜひ本テストの結果を活用ください。

2:十分な重さがあるかチェック!

基本的にアイロンは「重い方が良い」と言われています。軽い方がラクなのでは? と思われがちですが、軽すぎるとシワを伸ばすためについつい力を入れてアイロンがけをしてしまうため、余計な力がかかりやすくなります。

結果、布地が動いてしまい上手くアイロンがけできなかったり、疲れてしまう原因に。アイロン自体の重さを利用して、力を入れず滑らせてシワを伸ばせることがベストです!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ