無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[布マスクの正しい洗い方]"漬けおき"するだけでラク!「オキシウォッシュ 」で失敗なし

ライフスタイル

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

マスク不足の影響で、布マスクを手作りする方が増え、多くの方が持つようになりました。布製マスクは、使い捨てではなく、洗剤を使って洗うことで、何度も再利用可能です。

しかし、繰り返し使うには、清潔さを保てるよう、きちんと洗う必要があります。

では一体、どのように洗えばよいのでしょうか。「香りつきの洗剤を使ったら匂いがついてしまった...」などの失敗談など見かけると、ちょっと不安になりますよね。

そこで今回、経済産業省が公開した動画を参考に、洗浄剤「オキシウォッシュ酸素系漂白剤」を使った布マスクの洗い方を紹介します。
たった10分つけおくことで漂白、除菌(※1)消臭(※1)ができます。

ツンとした臭いもありませんよ。

(※1)汚れの程度により落ち具合は異なります。全ての菌・臭いを除去できるものではありません。

【読者のみなさまへ】「いま、ヨムーノがお役に立てること、考えてみました」

洗浄剤「オキシウォッシュ酸素系漂白剤」って?

まず、布マスクを洗うときに使う「オキシウォッシュ酸素系漂白剤」とは、いったいどんな洗剤なのでしょうか。

ここでは洗浄剤「オキシウォッシュ酸素系漂白剤」の特長について、紹介します。

「オキシウォッシュ酸素系漂白剤」の特長

・粉末タイプの酸素系漂白剤。除菌・漂白(※1)・消臭(※1)に。

・布製品の洗濯、キッチンまわり、掃除などマルチに活用できます。

・独自処方による洗浄力の高さが強みです。油汚れにもOK。

・40~60度のお湯に溶かし、つけおくことで効果が上がります。

・ツンとした臭いなし。無香料。

・日本製 MADE IN JAPAN

・少量サイズから大容量まで6タイプあります。

・100円ショップ、スーパー、ドラッグストア、ホームセンター、雑貨店、ネットショップなどでお取り扱い中。

液性:弱アルカリ性
用途:衣類・布製品・台所まわり・水まわり・食器・タイル
成分:過炭酸塩(酸素系)、炭酸塩、水軟化剤、過硫酸塩、界面活性剤
発売元:紀陽除虫菊株式会社  日本製 MADE IN JAPAN

→「オキシウォッシュ酸素系漂白剤」公式HP

(※1)汚れの程度により落ち具合は異なります。全ての菌・臭いを除去できるものではありません。

「オキシウォッシュ酸素系漂白剤」を使った布マスクの洗い方

ここでは、「オキシウォッシュ酸素系漂白剤」を使った場合の、布マスクの洗い方を紹介します。

①桶に40~60度のお湯(または水)1Lを入れ、オキシウォッシュ7.5g(1kg付属スプーンの1/4杯、または小さじ1杯強)を入れます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ