無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お金の使い方が変わる! “ミニ財布な暮らし”のススメ

ライフスタイル

キャッシュレス化でコンパクトなお財布がトレンドになってきています。そこでおすすめしたいのが「ミニ財布デビュー」。小さい分入れるものを厳選するようになって、自然と節約につながると言われています。今回は、キャッシュレス派も現金派も生まれ変われる、“ミニ財布の使いこなし術”とおすすめのアイテムを伝授します。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』2020年5月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

いま注目のミニ財布変える人増えてます!

近頃、現金を使う機会が減っていませんか?

電子マネーやICカード普及などのキャッシュレス化で、前ほどお金を持ち歩く必要がなくなっています。

そこでいま注目が集まっているのが「ミニ財布」。今までのようなしっかり入る大きなお財布の必要性がなくなり、お財布の在り方も変わってきているようです。

小さいので携帯に便利というだけでなく、じつはお金の管理がしやすくなって節約のメリットもあるとか。

今回は実際にミニ財布を愛用しているというファイナンシャルプランナーの風呂内さんらプロのご協力のもと、賢いミニ財布の使いこなし方をご紹介します!

自然とやりくり上手になれるミニ財布を使いこなそう!

でも、今のお財布だってカードやレシートなどいろいろ入れてパンパンなのに、ミニ財布なんてムリ……。そんなふうに思いますよね。

もちろん今までと同じ量は入りません。そこでミニ財布には上手な使い方があるんです。これがわかれば、気持ちよくミニ財布デビューができますよ。

今までの使い方を大胆に変えちゃいましょう。それではプロに聞いた使いこなしのコツをご紹介します。

使いこなしのコツ1:スタンプカードはもらわない

作るだけならいいか……とつい何枚もたまってしまうお店のポイントカード類。

なかなか出番のないお店のカードも、とりあえずお財布に入っていませんか? ポイントがたまるのはお得ですが、月1回使う程度では還元率も悪く、またいつの間にか有効期限切れになっていることも。

何か月かに1度行くような病院の診察券や美容室のカードなどは、その日の行動予定に合わせて入れるようにしましょう。そうするとカードが見つけやすくなり、レジで焦ることもなくなりますよ。

しっかり見極めて、頻度の低いものはお財布から出しましょう。

使いこなしのコツ2:小銭は家に帰ったら出す

コツの2つ目は、お財布の小銭入れは“お釣りを一時的にしまう場所”にするということ。

小銭は家に帰ったらいったん用意した缶などの出しましょう。小銭をパンパンに入れたままはNG。

ミニ財布には500円程度残し、出した小銭はお釣り貯金として貯めていくのがオススメですよ。

使いこなしのコツ3:カードの支出をハッキリさせる

クレジットカードやキャッシュカードは、使うものをできるだけまとめるのがポイント。その分お金の流れがハッキリします。

▼クレジットカード

クレジットカードはポイントの還元率が高くて使いやすいものを厳選して、メインとして使いましょう。

▼キャッシュカード

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ