無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[お家そうじ]紙を使えばよかったんだ!“厄介汚れ”撃破テク4選

インテリア

キッチンペーパーやトイレットペーパー、サンドペーパーがお掃除の便利アイテムであることを知っていますか? 洗剤の浸透力を高めたり、木製品のシミ除去に活躍したりと、想像以上に万能品なんです。今回は、各種ペーパーを使ってお家の中の厄介な汚れ落としに役立つ4つの掃除ワザをご紹介します!

掃除ワザ2:トイレのサボったリングには洗剤パック

トイレの「サボったリング」はブラシでこするのが一般的ですが、実はトイレットペーパーでパックするだけで汚れがラクに落ちるんです。

では、掃除手順を確認していきましょう。

1.トイレの水位を下げる

便器の中にトイレブラシを入れ、水を奥へ押し込むように動かして水位を下げます。元に戻すときはもう一度水を流せばOK。

2.便器の中をパックする

トイレットペーパーを便器全体に貼り、上からトイレ用洗剤をかけて汚れになじませます。このまま一晩置いて流すと汚れが落ちます。

[便器内]掃除前

[便器内]掃除後

サボったリングに直接洗剤が作用し、見違えるほどキレイになりました!

掃除ワザ3:テーブルについたコップのシミは削り落とす

木製のテーブルに水滴のついたコップを置きっ放しにして、輪ジミがついてしまったことはありませんか? この輪ジミ、濡らしたふきんで拭いてキレイになったと思っても、乾くとまた浮き上がってくるんですよね。

輪ジミを落とすにはシミ自体を削るしかありません。大変そうに思えるかもしれませんが、防水性のある紙やすり、耐水ペーパーとメラミンスポンジを使えば簡単! 仕上げにはワックスシートを使います。

では、掃除手順を見ていきましょう。

1.耐水ペーパーでこする

目の細かい耐水ペーパーで輪ジミの部分を削ります。スポンジに巻くと使いやすいですよ。

▼使うのは「耐水ペーパー」!

TRUSCO
耐水ペーパー 5枚入り
実勢価格:594円

2.メラミンスポンジでならす

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ