無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どんなときも可愛くなくちゃ♡マスクに似合うヘア&メイク特集

ヘアスタイル

マスク時のヘア&メイクをマスターしよう!

まだまだマスクが手放せない毎日。マスクの紐でグチャグチャになるからヘアは適当、お顔が半分隠れるから、メイクも手抜き…なんて人はいませんか?せっかくだから、この機会にマスクをするときのヘア&メイクをマスターしましょう!

マスクはヘア&メイクのバリエーションを広げてくれるアイテムとポジティブに考えて、“マスク込み”のお顔でヘアもメイクも楽しんじゃいましょう!今回は、ヘアアレンジとメイクのヒントをご紹介します。

マスクに似合うヘアアレンジ9選!

1.スッキリお団子

マスクを着けるときは、基本的に後れ毛を出さずスッキリさせるのが◎。後れ毛がたくさん出ていると、野暮ったい印象に見えてしまうことがあるので注意が必要です。

①高めの位置で輪っかのポニーテールをつくる。
②全体的にほぐす。
③両サイドをピンで固定する。
④毛先をロープ編みにしてゴムに巻き付け、ピンで固定する。
⑤ヘアアクセで飾る。

2.シースルーバングお団子

顔に占めるマスクの面積が大きくなるので、厚めの前髪だと野暮ったく見える場合も。そんなときは“即席シースルーバング”がオススメです。お団子スタイルに合うアレンジをご紹介します。

①高めの位置のお団子を作り土台をほぐす。
②お団子を引き裂くようにほぐし、毛先をゴムにしまい込む。
③落ちてきた襟足の髪は、毛流れに沿ってねじりピン留めする。
④前髪の上半分をねじり、軽くほぐしてピン留めする。

3.ベビーバングポニー

流しバングではなくストンとおろした前髪の場合は、シースルー+ベビーバングがオススメです。幼く見えがちなベビーバングも、ミドルポニーと合わせると大人ヘアになります。

①前髪をあげたら少しだけ束で下ろし、ねじってピン留めする。
②耳の高さでポニーテールを作り、たっぷりほぐす。
③前髪をアイロンでふんわり内巻きにする。(眉毛にかかるかかからないかぐらいの長さに調整する)

4.大人ローポニー

マスクの紐が見えるのと見えないのとでは、オシャレ度がグッと変わります。ねじりを加えてゆったりと束ねたローポニーで、極力紐が見えないようにアレンジ。落ち着いた雰囲気に仕上がります。

記事に関するお問い合わせ