無料の会員登録をすると
お気に入りができます

マイベストヘアが知りたい! 「似合うヘアスタイル」を見つける12のコツ

髪を切ろうか伸ばそうか迷うことはありませんか?ショートが似合う人、ロングが似合う人はどんな人なのかを徹底解説します。

2017年1月
ヘアスタイル

似合う髪の長さは人によって違う!

長さ別に似合うルールをチェック

髪の毛をばっさり切ってショートにしようか、それとも伸ばしてロングにしようか、迷っている人はいませんか?まずは自分に似合う髪の長さを知ることから始めましょう。

hair.cm

実は顔の形やパーツの大きさ、面立ちによって似合うレングスというのは異なるようです。そこで、髪の長さ別に似合うためのルールをご紹介します。

スッキリまとまるショートヘア

1.耳下~あごが「5.5cm」以下

hair.cm

耳の下からあごの最も低いところまでの長さが「5.5cm」以下の人はショートヘアが似合うそうです。測り方は顎の下に鉛筆を合わせて、直角になるように定規を当てて耳下からの距離を確かめると良いでしょう。

2.あごや首がシャープな小顔さん

耳下からあごまでの距離が短いというのは、あごがシャープだということ。つまり、小顔なことがショートヘアに似合う条件だということですね。

hair.cm

さらに、首がすらりと華奢だとスッキリとして見えるので、ショートヘアが似合うようです。顔周りのシャープさがカギと言えますね。

3.目鼻立ちがはっきりしている

ショートは髪の印象がコンパクトな分、顔のパーツを引き立たせる髪型です。そのため、目鼻立ちがハッキリしている顔の魅力が際立つのです。

hair.cm

今ショートという人は、メリハリのあるメイクをするのが似合うコツかもしれませんね。

4.ベリショなら中性的な顔立ちが◎

hair.cm

かなり短いベリーショートならば中性的な顔立ちの方が似合うようです。今年のヘアスタイルは「ジェンダーレス」がひとつのキーワード。女性らしすぎず、男性らしすぎず、中性的なのがトレンドにもマッチします。

軽やかさと女性らしさの両立ボブ

5.ツヤツヤ髪質ならストレートボブ

ボブは実は誰にでも似合う髪型です。そこで髪や顔の特徴から似合う髪型をピックアップします。ツヤツヤな髪質ならそのキューティクルが映えるようなストレートボブがおすすめです。

hair.cm

前髪なしのノーバングスタイルなら大人っぽく丸顔さんに似合います。前髪があるスタイルなら小顔に見せられ、面長さんに似合うでしょう。

6.猫っ毛さんならふわふわパーマボブ

hair.cm

細い髪質の猫っ毛さんはパーマをかけたボブスタイルにすると、柔らかなふわふわ感を引き出せるでしょう。細い髪だからこそ似合うスタイルです。

7.大人っぽい顔立ちなら前下がりボブ

hair.cm

COOLだったり、大人っぽい面立ちならば、ノーバングの前下がりボブがおすすめです。ボブの愛らしさとは打って変わって、カッコイイ印象になれますよ。ほんのり輪郭を修正して小顔に見えるのもポイントです。

8.コンプレックス輪郭にひし形ボブ

hair.cm

頬骨やエラなど輪郭にコンプレックスがあるなら、ひし形シルエットのボブがおすすめです。小顔に見せてくれて、輪郭をスマートに見せる優秀なヘアスタイルなのです。しかもナチュラルに小顔に見せられます。

女性らしさ満点なミディ・ロング

9.スレンダーさんの細見せ感UP!

hair.cm

細身な体型の人であれば、ロングヘアにすることでより細く見せられるでしょう。体型や輪郭にコンプレックスがある人も、ロングの髪の毛を下ろして縦長感を強調することで、スタイルアップできますよ。

10.背が高い女性

背の高い女性というのは縦長な印象があるので、髪の毛も印象を合わせるのが似合います。そこでロングやミディアムが似合うというわけ。

wear.jp

タイトなシルエットのコーデにはおろした髪で抜け感をプラス。オーバーなシルエットのコーデにはアップスタイルの髪でかっちり感をプラスするのがマッチするでしょう。

11.髪の毛が細めなら清楚に

hair.cm

細い髪の毛でロングヘアになると、ふわっとした質感になり、やさしい雰囲気になれるでしょう。ふわふわのパーマをかけたらモテる髪型No.1です。清楚なヘアスタイルになれますよ。

12.アレンジが好き・流行に敏感

hair.cm

髪型にトレンドがあるように、ヘアアレンジにも流行やトレンドがありますよね。特に髪が長いとアレンジの幅も増えるので、試すのが楽しいでしょう。流行に敏感な人はロングやミディアムだと存分に楽しめそうです。

似合う長さは見つかった?

hair.cm

髪の毛の長さに迷っている方へ、あなたに似合うレングスは見つかりましたか?この記事を参考にして、あなたに似合う髪型になりましょう。

記事に関するお問い合わせ