無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ウソみたいな低価格!業スー「5kg1,200円」思わず二度見![食費節約]の最終兵器ついに降臨

グルメ

カルローズを見た時に大きい!と感じたのは、
見慣れた日本のお米は短粒種にあたるからだとわかりました。

実際に比べてみると、その違いがとてもよくわかります。

上がカリフォルニア米のカルローズ、下が秋田県産あきたこまちです。
カルローズの方が大きいですね!

いざ実食!

炊き方は、日本のお米と変わりません。
洗い、水に浸し、炊飯器で炊飯します。

やはり、大きい!という印象です!
食べてみると、意外や意外!
1粒1粒がとてもしっかりとしていて、美味しいのです。
1,200円の低価格からは想像できない美味しさだと思いますよ♪

ただ、粘りと甘さは、普段食べているお米の方が勝っている、というのは私個人の感想です。

1日3食おにぎりでも良い!と、言うほど、お米が好きな次男の意見は
「固めなところが良い!食べ応えがあって美味しい!」でした。

カルローズには、日本のお米にはある独特の粘りが少ない、という特徴を生かし、アレンジできるメニューは無限大でした!

アレンジ色々

チャーハン、ドリア、カレー、サラダにとても合うということで、作ってみました。

パラパラチャーハン

チャーハンは、普段と同じ作り方で作りましたが、いつもよりパラパラとできました!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ