無料の会員登録をすると
お気に入りができます

名店sioのシェフが伝授!きのこと塩昆布で「無限パスタ」の作り方

レシピ

おうちごはんのマンネリ解消になればと、代々木上原のフレンチレストラン・sioの鳥羽周作シェフが公開している「無限パスタ」。きのこと塩昆布を使った、時間がなくてもサッと和えるだけでできるパスタのレシピを再現してみました!

作り方

1. パスタをゆでる

Photo by muccinpurin

鍋にたっぷりの湯を沸かし、1%の塩を入れてパスタをゆでます。

2. きのこを炒める

Photo by muccinpurin

フライパンにカットしたきのこを入れ、全体がしんなりとするまで炒めます。

きのこから水分が出るので、特に油をひかなくても焦げつくことはありませんが、気になる方は少量油をひいてくださいね。

Photo by muccinpurin

ほんの数分炒めただけでしんなりとしてきました。このくらいになったら火から下ろします。

3. パスタと塩昆布、きのこを和える

Photo by muccinpurin

ボウルにゆでて湯を切ったパスタ、炒めたきのこ、塩昆布、バター、めんつゆを加え、全体をしっかりと和えていきます。

Photo by muccinpurin

パスタの熱でバターが溶けていい香りが……!熱いうちに和えることでバターが溶けて味がなじむので、手際勝負ですよ。パスタがゆであがるまでに、塩昆布やめんつゆを準備しておいてくださいね。

全体が混ざったら無限パスタのできあがりです!

旨みと香りの相乗効果!

Photo by muccinpurin

パスタをゆで始めてからできあがりまで、本当にあっという間です。疲れて料理をしたくないとき、お腹が空いて仕方がないときに助かりそう!「しそやらのりやらお好きにどうぞ!」という鳥羽シェフのお言葉に甘えて、仕上げにガリっと黒胡椒を挽きました。

きのこの旨みと香り、そしてバターのコクが口いっぱいに広がります。肉や魚など、味の核となる食材を使わなくても、きのこから充分旨みが出ていますね。シャキシャキとしたきのこの食感もいいかんじです。

今回はえのき、しめじ、しいたけを使いましたが、エリンギや舞茸など、きのこはお好みでアレンジしてくださいね!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ