無料の会員登録をすると
お気に入りができます

管理栄養士が教える「桃の栄養」について。効率的な食べ方もチェック

レシピ

桃1個(約200g)のカロリーと糖質量

エネルギー量(カロリー)……80kcal
糖質量……17.8g(※2,7)

桃1切れ(25g)のカロリーと糖質量

エネルギー量(カロリー)……10kcal
糖質量……2.2g(※2,7)

ほかの果物と比べると

桃とほかの果物で、100gあたりのカロリーや糖質を比較してみましょう。(※2)

・桃
エネルギー量……40kcal
糖質量……8.9g

・バナナ
エネルギー量……86kcal
糖質量……21.4g

・マンゴー
エネルギー量……64kcal
糖質量……15.6g

・さくらんぼ
エネルギー量……60kcal
糖質量……14.0g

・メロン
エネルギー量……42kcal
糖質量……9.9g

桃は、バナナ、マンゴー、さくらんぼよりカロリーや糖質が低く、果物のなかで桃は、比較的カロリーや糖質が低いですね。

桃の栄養を効率的に摂り入れる食べ方

桃に含まれているビタミンCは、鉄の吸収をよくする働きがあります。ブロッコリーやベビーリーフなどには鉄分が含まれていますが、吸収率が悪いため、ビタミンCを含む桃と組み合わせると吸収率がアップします。

またビタミンEは、油と一緒に摂ると吸収率が上がります。サラダで食べるときは、オリーブオイルなどの油と組み合わせてみましょう。桃にオリーブオイルをかけるだけでもおいしいですよ。(※4,5)

桃の栄養は妊婦が摂り入れても平気?

桃は腸内環境を整え、便秘や下痢の対策になるペクチンが含まれているため、妊娠中の方におすすめです。妊娠中は大腸が圧迫され便秘を感じやすくなるので、便秘対策も必要です。

そのほか桃に含まれるビタミンCは、胎児の発育のために不可欠な鉄の吸収率を上げる働きがあります。(※8,9)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ