無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ローソンの「捨てられないレジ袋」がいよいよ配布開始 裏面には活字がビッシリ

「ナチュラルローソン」で24日から、小説が印字されたレジ袋の配布が開始された。これはいいものだ!

カルチャー

「ナチュラルローソン」で24日から、小説が印字されたレジ袋の配布が開始された。

ナチュラルローソン

印字されているのは伊坂幸太郎氏、吉本ばなな氏、筒井康隆氏が手がけた3本の新作で、捨てられがちなレジ袋を通して「物の価値」についてのメッセージを発信していく。捨てるのがもったいないデザインというわけだ。

■「大事にしたい」

24日、東京・港区にあるナチュラルローソンでは、配布開始時間である14時になると数人の女性客が来店した。

レジ横に設置されたレジ袋の束を目にすると「ニュースで見てせっかくなのでもらいに来ました。(レジ袋でも)大事にしたいと思ってしまいますね」とニッコリ。

関連記事:ローソン店頭で見かけた「謎ポスター」 じつはコロナ感染防止の秘密兵器

ローソン店頭で見かけた「謎ポスター」 じつはコロナ感染防止の秘密兵器

■メルカリの小説プロジェクト

この「読むレジ袋」は、使い捨てされるレジ袋で「小説を読む」という新たな価値を与えたアイデア品だ。

メルカリが2020年4月からツイッター上で始動している連載小説プロジェクト「モノガタリ  by mercari」で発表した3作の小説が印字されており、ローソンとメルカリのコラボによって生まれている。

■「リユース」を推進

ナチュラルローソンの運営に携わる鷲頭裕子氏は、「7月から当店のレジ袋も有料化。捨てられるものをもう一回使っていこうという“リユース”を啓発できないかと、メルカリさんと話し合っていった結果生まれたアイテムです。今後の取り組みにぜひつなげていきたい」と説明。

一方、メルカリの宮川直実氏は「モノの価値に向き合うきっかけになれば」と思いを吐露していた。

関連記事:ローソンの新商品『グーボ』 見た目と味のギャップに驚き「マジか…」

ローソンの新商品『グーボ』 見た目と味のギャップに驚き「マジか…」
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ