無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[7/6〜7/12の運勢]7月2週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

今週のしし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

何をせんとや生まれけむ

今週のしし座は、「思ってもみなかった角度から、自分がこれまでやってきたことをとらえ直していくような星回り」。

2世紀ローマの哲人皇帝マルクス・アウレリウスは『自省録』において、この宇宙について、一なる魂を持つ一つの生き物として考えよと述べます。さらに万物がどのようにして一なる感性に帰っていき、またどのようにして一なる欲求からあらゆることをなすに至ったのかを考えよ、と。

つまり彼にとって宇宙とは、自己をそこから切り離してはならないすべての根源であり、「おまえは、あの宇宙の本質的な統一から、どこかに自分を投げ出してしまったのだ」と言いました。

いつだって私たちは、何かを失ってからしかその大切さに気付くことができない。ただし、人間には再び自らの統一を取り戻していく可能性も与えられています。

二度と失いたくないと心から思えるものは何か、今週はきちんと心に問いかけさせすれば、それがはっきりと浮かび上がってくるでしょう。

続きはこちらから

今週のおとめ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

聞こえないことばを交わす

今週のおとめ座は、「慣れ親しんだものや相手が、いつもと別様に見えてくるような星回り」。

「見せたかりしこの朝顔よまだ咲かぬ」(臼田亜浪)という句では、死に近き妻を思う作者の情があふれています。後に詠まれた「妻あらばとぞもふ朝顔赤き咲く」という句とペアとなっていますが、ここで注目したいのは二句の通奏低音となって効いている朝顔。

朝顔はもともと奈良時代に薬草として輸入されたもので、漢名は牽牛花。牽牛といえば、彦星の名前でもあります。昔の日本人は偶然名前が同じだったことから、織姫のことを「朝顔姫」とも呼んだのだそう。

あなたもまた、普段なら目に見えず意識されることもない絆の在り様を実感していくことができるかもしれません。

続きはこちらから

今週のてんびん座の運勢

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ