無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[7/6〜7/12の運勢]7月2週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

illustration by ニシイズミユカ

自分の名を思い出す

今週のてんびん座は、「生き延びるために必要なあらゆることをしていこうとするような星回り」。

それはまるでダニエル・デフォーの『ロビンソン・クルーソー』のよう。主人公は難破船のたったひとりの生存者として不毛な無人島に流れ着き、途方もない不安に襲われるものの、船内で見つけたペンと紙で現状の「よい点とわるい点」を書きつけることで、人生を変える事実を発見します。

つまり、デメリットとメリットは相殺されており、これ以上にひどい状況は想像できなかったため、「世の中にこれほど悲惨な状況はないという場合でも、そこには何かしら……感謝すべき好ましい点が存在する」と結論づけたのです。

今週のあなたもまた、認めざるを得ない現実を受け入れ、やるべきことを明確に把握していくことで、活力と希望を燃やしていきたいところです。

続きはこちらから

今週のさそり座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

重いものを軽くする

今週のさそり座は、「ちょうどよく力の抜けた“かるみ”を目指していくような星回り」。

あまりにも技巧的で観念的に過ぎる句に対して、かつて芭蕉は「おもみ」という言葉を使って批判したことがありましたが、「老人が被つて麦稿帽子かな」(今井杏太郎)という句はその対極に位置づけられるでしょう。

老人がかぶっているのは何の変哲もない「麦稿帽子(むぎわら)」。「老人」もただそこにいるといった感じで、特別気取った風でもなく、「被つて麦稿」が八字で字余りであるのも、ちょっとしたぶかぶか感がして、ぴったりであるよりも、この「老人」には似合っているでしょう。

今週のあなたもまた、できるだけ不要なものをそぎ落としていくことに力を割いていくべきです。

続きはこちらから

今週のいて座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

身の内の音楽を鳴らせ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ