無料の会員登録をすると
お気に入りができます

他店なら1,000円超級を「ダイソー100円で発見!」長年の"玄関びしょ濡れ問題"を華麗に解決

100yen

こんにちは、ヨムーノライターの小町ねずです。

こんにちは、ヨムーノライターの小町ねずです。

ジメジメと鬱陶しい雨の季節。玄関に置いた濡れた傘がプチストレスになっていませんか?ただでさえ湿気がこもりやすい玄関が、傘のせいで余計にジットリ……。
このままだとカビが発生する!と恐怖を抱いた私が購入したのが、ダイソーの「珪藻土傘立て」です。

珪藻土は吸水性が高い素材で、バスマットやコースターに活用されています。濡れた傘にも効果を発揮しそうですよね。
珪藻土の傘立て自体は珍しくはないけれど、一般のお店だと1,000円から3,000円程度のお値段。ケチな私は購入をためらってしまいます。

ダイソーの商品は、なんと100円(税別)!安いと品質はどうなの?と不安に感じつつ、お試しで購入してみました。
使用した結果……これが正解!気になる使いやすさや吸水性について、レポートしていきます。

【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

ダイソー「珪藻土傘立て」とは?

ダイソーの「珪藻土傘立て」は、玄関の隅っこにフィットする三角形のデザイン。サイズは約18.5×9.5×高さ0.9cmと小さめで、狭い玄関に置いても邪魔になりません。

文庫本と並べると、サイズ感が分かりやすいかも。

最寄りのダイソーでは、色は白のみでした。清潔感がありますが、土などの汚れがつくと目立ちやすいのがデメリット。個人的には、黒や茶色を販売して欲しいなぁ……。

裏に滑り止めはありませんが、ザラつきがあるため滑ることはありません。
ただ、重さがないので靴が軽く当たっただけでも簡単に動いてしまいます。気になる人は、滑り止めマットを用意した方が良いかもしれません。

ダイソー「珪藻土傘立て」の使い方

内側の溝に傘の先端(石突き)を引っかけ、壁に立て掛けて使います。

先端素材はプラスチック、金属両方で試しましたが、どちらも使用OK。
立てかけた傘で壁が濡れるのを避けたい人は、壁にピタっとくっつけず、少し離して置くと良いですよ。

溝が浅めで、傘は自立できません。

安定感が低いので、ちょっと力を入れると傘がパタッと倒れてしまいます。収納目的の傘立てとして使うのは無理がありそう。私は濡れたときの乾燥専用として使っています。

説明書に使用できる傘の本数は記載されていませんが、1~2本が適切かな?3本入れてみましたが、これはちょっと厳しい……。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ