無料の会員登録をすると
お気に入りができます

仕事のモチベーションを上げる方法

ライフスタイル

仕事のモチベーションが上がらない時って、ありますよね。今回は、キャリアアドバイザーの藤井佐和子さんに、モチベーションが上がらない理由や、モチベーションを上げる方法などについて教えてもらいました。

キャリア相談で、「仕事内容が合わない」という理由でキャリアチェンジ転職の相談をされる方には、具体的に現在の仕事内容をお聞きします。

すると、「今やっている仕事の全てが合わないわけではない」というケースが多いのです。

「このプロセスは得意で好きだけれど、苦手な作業がある」などです。

その場合、仕事ではなく、作業で分析してみることをおすすめしています。「好き×嫌い」と「得意×苦手」の組み合わせで棚卸しをするのです。

例えば、「Aの仕事は好きで得意。でもBの仕事は嫌いだけど得意」というように。

そして、1日のタイムスケジュールを自分のやりやすいように組み立てるのです。

好き×得意なAの仕事は午前中に片付けてしまい、ランチの後は、嫌い×得意なBの仕事を黙々とやる、といった組み立て方をするのです。

(3)成果が出ない場合

いくら頑張っても成果が出なくてモチベーションが下がっている場合、その仕事を諦める前に、以下の2点を確認してみましょう。

やり方は自分に合っているか

山の登り方は人それぞれ違います。

教えてもらった通りにやってもなかなか成果が出せない場合は、自分に合うやり方を模索しましょう。

ただし、一人で模索するのではなく、先輩や上司など、やり方の異なる人にどうやっているのか、を聞いてみましょう。

仕事のやり方(プロセス)が合っているかどうかも、案外モチベーションに影響するものです。

全体像が分かっているか

うまく成果を出せない人の理由として、実は全体像が分かっていない、というケースが多いようです。

仕事のつながりが分からないと、次から次にやっていても、パズルがはまっていく実感が持てず、気持ち悪いものです。

そこで、全体像の理解が誤っていないか、理解できているかを確認してみましょう。

できるようになると、急にモチベーションって上がってくるものです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ