無料の会員登録をすると
お気に入りができます

貯蓄ゼロから1,000万円貯めた人の「100均&ドラッグストアで得する」日用品買い物術BEST5

ライフスタイル

こんにちは!貯金と節約が大好きで、
貯金ゼロから1000万円貯めたヨムーノライターのchippuです。

我が家は毎月、日用品費の予算「5000円」におさまるよう、やりくりしています。「月に1回買うもの」と、消費ペースがゆっくりで「2か月に1回買うもの」とがあるので、月によって支出にバラツキがあります。

でも、目標は「5000円以内」!
ただ、うちの場合、夫と子どもの肌が弱く、アトピー体質なこともあり、ボディソープや衣類洗剤が「割高なもの」を選んでいるのです。安さを追求できないぶん、少しでもお得になる、少しでもムダを出さない「買い方」にこだわっています!

そこで今回は、我が家で実践している「日用品費を抑えるテクニック」を5つ紹介します。

【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

【1000万円貯めた人の日用品の買い方1】スマホのメモで「在庫」をリスト化

日用品は、食料品と違って「在庫数を把握すること」が難しいですよね。
食料品の場合、調理をするときに、冷蔵庫を「1日何回も」開けるので、意識をしなくても、何が足りなくて、何の在庫があるのか頭に入りやすいと思います。

でも、日用品は、買ってしばらくたったら、
どんなストックを買っていたのか忘れてしまいませんか?
日用品のストックは、戸棚や収納庫のなかにしまいこむことが多く、在庫の有無が把握しづらくなります。

食料品と違って、1つの商品を使い切るまで、かなりの時間がかかるので仕方がないのですが、「ストックを購入してから、じっさいに使うまで」に存在を忘れてしまうため、在庫がまだあるのに、同じものを購入する「ムダ買い」をしがちなのです。

そこで私は、スマホのメモ帳を使って、「日用品の在庫をリスト化」しています!
一度入力すれば、更新は「10秒以内」!在庫を使ったら在庫数をゼロに書き換えればよいだけなので、一目で何が足りないかがわかり、在庫管理がラクラクできるのです。

日用品の買い出しへ行くときは、毎日スマホのメモで在庫確認することで、“重複買い”を防げるようになりました。

【1000万円貯めた人の日用品の買い方2】「1か月分の日用品」をまとめ買いする

「食料品のちょこちょこ買い」が節約に向かないのと同じように、日用品も都度買うのはムダのもと。とくに日用品は、食料品のように賞味期限がないので、「今すぐ使わなきゃ!」という商品が少ないため、より浪費してしまう傾向にありました。

値引き品や特売品を見つけると、「今が買い!」と思い、ついカゴにたくさんの商品を入れてしまいがちです。その結果、「シャンプーの詰め替えだけを買う予定だったのに、アレもコレも買ってしまった…」ということに…。

こういった、「ちょこちょこ買いによるムダな出費」を削るために、私は1カ月分の日用品をまとめて購入しています。
日用品のまとめ買いをするタイミングは、お財布が一番潤っている「お給料日の直後」がべスト!

家族が生活するのに必要な「1カ月ぶんの日用品」をまとめ買いすることで、月の途中でドラッグストアに駆け込み、余計な買い物をすることがなくなりました。これだけで、ムダな出費が激減!

必要な日用品は、在庫リストとしても使っている「スマホのメモ帳」をチェックすれば、何をいくつ購入すればよいかが一目でわかります。また、まとめ買いを何度かするうちに、1カ月生活するなかで「何をいくつ消費するのか」も分かるようになりました。
消費ペースを把握することで、予算内でやりくりするのも成功しやすくなりました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ