無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「他人に期待しない」が引き起こす3つの失敗

ライフスタイル

「他人に期待しないと生きやすい」とよく言われるけど、それって本当なのでしょうか? 冷たい人間なのでは……と思うことも。そこで今回は、心理カウンセラーの秋カヲリさんに、他人に期待しないことのメリット・デメリットについて、詳しく聞いてみました。

(3)優しく親切になれる

プレゼントをあげたらお返しを期待してしまうように、人は見返りを求めてしまう生き物。

でも、他人に期待しない人はこうした見返りも求めません。というよりも、元々見返りは無いものだと思っている場合も多いです。

だから心に余裕があり、相手の対応の良し悪しに関わらず、優しくしたり親切にしたりできます。

デメリット

(1)深い関係を築きにくい

他人に期待しない人は万人から好かれやすいのですが、交友関係が広く浅くなりがちで深い関係を築きにくいです。

よって、恋人からも「何か物足りない」「自分には興味なさそう」と感じさせやすいでしょう。

(2)共感性が乏しい

他人に期待しない人は、感情のコントロールがうまく理性的な分、共感性は乏しくなりがちです。

他人が感情的になると「何でそこまで怒っているんだろう?」「何がそこまで悲しいんだろう?」と腑に落ちず、無神経な発言をしてしまって思わぬすれ違いやトラブルを引き起こしてしまうことも。

(3)何でも一人で抱え込む

他人に期待しない人は、悩んでいても「他人に相談したところでしょうがない」と思い、相談したり頼ったりすることがなく、何でも一人で抱え込んでしまいます。

抱え込みすぎてパンクしてしまったり、仕事で納期に間に合わなかったりと悪循環に陥ることも。時には人に頼ることも大切です。

「他人に期待しない」場合の失敗例

ほどよく期待しないのは良いことですが、度が過ぎると投げやりな印象を与えます。

そこで、他人に期待しないコツを学ぶ前に、他人に期待しない場合の失敗例を確認しておきましょう。

(1)何にも誰にも期待しない

全てに期待しないスタンスだと、あらゆる出来事がつまらなく感じてしまいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ