無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おでかけできない夏は、“ご当地サイダー”で旅行気分を満喫しない?思い出を詰め込んだレトロサイダー5選

グルメ

夏になると、無性に飲みたくなる瓶のサイダー。旅先でつい買ってしまう方も多いのではないでしょうか。

夏になると、無性に飲みたくなる瓶のサイダー。旅先でつい買ってしまう方も多いのではないでしょうか。

遠くへの旅行に行けない今だからこそ、ご当地サイダーをお取り寄せして夏旅行気分を味わってみませんか?

「ご当地サイダー」って?

@junka_momiji / Instagram

おみやげ屋さんなどでたまに見かける、レトロなパッケージの瓶サイダー。地域限定で販売されているこのご当地サイダーは、「地酒」ならぬ「地サイダー」の愛称でも親しまれています。

@suzuranribbon / Instagram

そのかわいすぎるラベルは、思わずとっておきたくなっちゃうほど。一輪挿しなどにして、インテリアとしても飾れちゃうんです◎

今年は現地で買うのは難しいかもしれませんが、amazonや楽天市場などのECサイトで購入できますよ。土地の匂いを詰め込んだ地サイダーとともに、旅の思い出に浸ってみてくださいね♡

秋田:ニテコサイダー

@193love / Instagram

浴衣を着た女の子のイラストがかわいい「ニテコサイダー」。こちらはニテコ清水の天然水を使って作られたサイダーなんです。

ほのかな甘さと炭酸が弾ける優しい味わいは、100年以上にわたって受け継がれているもの。さっぱりとしたのどこしが夏を感じさせます。

フレーバーはサイダー/リンゴ/巨峰/レモン/はちみつの全5種類。巨峰は限定販売だそうですので、お早めにチェックを!

佐賀:スワンサイダー

@ryoheiwasa / Instagram

青と白を基調としたラベルが印象的な「スワンサイダー」。このスワンのロゴは昭和初期から使われているんだとか!クリアな瓶に透き通るサイダーが夏風のように爽やかで、いつまでも飾っていたくなっちゃいますよね…。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ