無料の会員登録をすると
お気に入りができます

デートの会計「俺が払うよ」に対するベストモテ対応

恋愛・結婚

デートのとき、「俺が払うよ」と言われたら嬉しい反面、「どう対応したらいいの?」と悩むことってありませんか?

図々しいとも思われたくないし、頑固でかわいげがないとも思われたくない……おごられるときの対応は迷ってしまうものですよね。

そこで今回は、「俺が払うよ」に対するベストモテ対応をご紹介いたします。

素直に喜んでから「今度は私が」

「男性におごってもらうのは遠慮するべき」と考える人も少なくないようです。

でも、「私も出すから!」と、会計前にモタモタしていると、男性に煩わしさを感じさせてしまうかも……。

自分で払おうと意地にならず、おごられることを素直に受け入れて喜ぶほうが、男性ウケがいい対応と言えるでしょう。

ただ、喜ぶだけでは「おごられて当然」というニュアンスに受け止められてしまう恐れも。

傲慢に見えないよう、「いいの?嬉しい!じゃあ今度は私がごちそうするね!」と次回お返しする意思を見せるのがベスト対応。

さらに「安いお店でもいい?(笑)」「給料日前だから手加減してね(笑)」などと続けると、かわいげを見せながら負担を抑えられるのでおすすめです。

先に「いくら?」と確認

そろそろお会計……というタイミングで、彼よりも先に「いくらかな?」とお会計を確認しながら財布を出すのもモテ対応のひとつ。

「お金を出す意思がある」という姿勢を見せられますし、彼も「ここは俺が払うよ!」と言いやすくなるはずです。

彼が払う意思を見せたら、素直に受け入れて感謝を伝えましょう。

割り勘の意思を先に見せておくことで、そのあと素直におごられても図々しいとは思われにくいはず。

男性におごってもらいたいときにもおすすめの対応です。

お店を出てからお金を渡す

仮に、「割り勘がいい」と思っていても、かっこつけたいのが男心。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ