無料の会員登録をすると
お気に入りができます

鉄骨造が叶えた大胆プラン吹き抜けの大空間に個室が浮かぶ家

大きな吹き抜けに、ぽっかりと箱が空間に浮くユニークな設計。柱の必要な木造ではできない、鉄骨造だからこそ可能な気持ちの良い大空間が実現した。

インテリア

北川剛司さん、えみ子さん、想真くん、蓮奈ちゃんの4人家族の住まいを、えみ子さんが育った家があった目黒区内の土地に新築した。
建て替えにあたり、いかに光を家全体に取り込むかが一番のポイントだったそう。
「南側にお隣の建物が迫って建っているので、以前の家は特に1階が暗かったです」
南側の高い位置に大きな窓を作り、そこからの光を家全体に回すことにした。
この家を設計した稲山貴則さんと、施主の北川剛司さんは、同じ大学の建築学科の同級生。

稲山貴則さん

「私が設計しているのは、トンネルや橋、病院などが中心です。住宅の設計は専門性が高いので、住まいの設計は気心の知れた住宅の専門家、稲山にお願いしたいと思っていました」

2階から3階を見上げる。大きな白い吹き抜けの大空間に、四角いバーチ合板の箱がポッカリと浮かび、白い階段がふたつの箱をつなぐ。左右の箱の高さや長さが違うのも楽しい。左側の箱の上部にはロフトもある。

南側の高い窓から、建物全体に明るい光が届く。

ぽっかりと箱が空間に浮くユニークな設計。

3階から2階を見下ろす。真下中央に見えるのが1階へと続く階段と、想真くんが使っている勉強机。反対側(写真上)にもデスクがあり、剛司さんがテレワークの際に使っている。

階段とダイニング床下のスリットが1階とつながり、光が建物全体に行き渡る。

柱の必要な木造ではできない、鉄骨造だからこそ可能な気持ちの良い大空間が実現した。
「地盤の強度にも不安があったこと、そして鉄骨造は木造にはできない思い切ったことができる楽しみもありました。箱を吊り下げて3階を作る、私の想像を超えるプランを考えてくれました」と剛司さん。
えみ子さんは、子どもたちがリビングを通って子ども部屋に行く動線にしてほしいとリクエスト。
「親が泊まっていくこともありますし、また将来的に同居ができるように、1階に客間を作っていただきました」

「奥まった場所が心地よいのか、想真はよくここで勉強してくれます」

家事をしながら勉強中の想真くんと話ができる。

「ここの勉強机からはリビングのTVが見えないので集中できるようです」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ