無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[その不調、夏バテかも?]夏バテ予防に効く習慣3つとおすすめレシピ

ライフスタイル

1年の中でも過ごしやすい春が来た!と思ったら、あっという間に気温が高くなり、梅雨、そして夏がやってきます。いきなり気温が高くなる、なんて日もありますよね。そんな時に気をつけたいのが「夏バテ」。疲れがとれない、身体がだるいなどの不調を引き起こします。そんな「夏バテ」予防に効く習慣や、おすすめレシピをご紹介します!

「夏バテ」の原因って?

高温多湿

近年は、夏がくる前の梅雨の時期でも暑さが目立ち、猛暑日になるところも少なくないですよね。そんなジメジメした「高温多湿」の状態は、特に「夏バテ」を引き起こしやすくなります。

自律神経の乱れ

蒸し暑い外から冷房が効いた快適な室内に入ると、気持ちがよくて幸せな気分になりますよね。熱中症予防としても冷房はなくてはならないものです。

ですが、あまり温度を低くしすぎると、外との気温差に身体が順応できず、自律神経の乱れにつながります。この自律神経の乱れが、いわゆる「夏バテ」の症状を引き起こしてしまうこともあります。

「夏バテ」予防に効く3つの習慣

生活リズムを整えて、よい睡眠を

規則正しい生活、よい睡眠をとることは、疲労の回復だけでなく、自律神経を整えるためにも大切です。夏は夜でも気温が高く、寝苦しい日もありますよね。冷房は28度を目安に設定し、逆に身体が冷えてしまわないように注意しましょう。快適な睡眠でしっかり日々の疲れをとることが大切です。

体力をつける

暑いからといってダラダラしすぎるのも、体力の低下につながるのであまりよくありません。夏でも適度に身体を動かし、しっかりと暑さに負けない体力づくりをしましょう。とはいえ、熱中症の心配もあるので、なるべく比較的気温の低い午前10時まで、午後は3時以降がおすすめです。水分補給も忘れずにしましょう。

しっかりと栄養をとる

暑いとなんだか食欲がわかず、つい1食のみや単品で済ませてしまうことや、アイスなどの冷たい食べ物ばかりを食べてしまうことも…。そんな食欲の低下や胃腸の冷えが「夏バテ」の原因でもあります。1食のみや単品の食事が続くと、同時に摂取する栄養素も偏ってしまいます。

肉が中心の油っぽい食事は消化に時間がかかり、また冷たい食べ物も、摂りすぎると胃腸に負担をかけてしまいます。汗をたくさんかき、体力が奪われがちな夏こそ、主食・主菜・副菜・汁物が揃ったバランスのよい食事で、暑さに負けない健康的な身体づくりが大切です。

3食作ることが難しく、外食やお惣菜を利用する時には、なるべく品数が多いものや定食を選ぶことで、よりたくさんの食材を摂取することができます。生姜や大葉などの香味野菜や、カレーなどの香辛料は、食欲増進の効果があるので、メニューの中に取り入れてみるのもよいでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ