無料の会員登録をすると
お気に入りができます

カルディさん太っ腹!「お店のアレ激似」がほったらかし完成♪テク不要で本格カフェ"神"グッズ

グルメ

こんにちは、ヨムーノライターの小町ねずです。

おうち時間が長くなりそうな今年の夏。お気に入りの飲み物をお供に、のんびりと過ごしませんか?
自宅でカフェ気分を味わいたい人におすすめしたいのが、カルディの「水出し珈琲ポット」です。お店の味の水出しコーヒーが簡単に作れる器具で、今夏注目の商品。

この商品を使い込んでいる私が、良いところ悪いところを正直レビューしていくので、おうち時間の快適化に役立ててくださいね。

水出しコーヒーとは?

レビューの前に、そもそも水出しコーヒーって何?という人のために簡単にご説明を。
水出しコーヒーとは、水で時間をかけて抽出させたコーヒーのこと。コールドブリュー、ダッチコーヒーと呼ばれることもあります。
低温で抽出させるため、苦味が少なくなりスッキリとした味わいに。ゴクゴク飲める味に仕上がり、水分補給が必要な夏にピッタリのコーヒーです。

水出しコーヒーの作り方はいくつかありますが、簡単においしい味が出せるのが今回はご紹介するポット型の商品を使うこと。かなり雑な性格の私ですが、これを使うとおいしいコーヒーが作れています。

カルディ「水出し珈琲ポット」とは?

サイズ:幅138mm×奥行94mm×高294mm
容量:1000ml(カップ約8杯)
材質:ガラスポット‐耐熱ガラス、フタ・ハンドルバンド・ストレーナー‐ポリプロピレン、メッシュ‐ポリエステル
価格:1,017円(税込)
食洗機の使用:可
こちらは1000ml(8杯用)ですが、600ml(5杯用)も販売されています。

内容は、ガラスポット、ストレーナー、フタの3つという、シンプルな設計。
セットの仕方も簡単で、ストレーナーはポットにポンと入れるだけ、蓋はパカッとかぶせるだけ。ひねったりはめ込んだりする手間がかからず、サッと使えます。

ちなみに、フタは逆さまにするとストレーナー置きにすることも。直置きを避けたいときに便利ですよ。

カルディ水出し珈琲ポットの使い方

①ストレーナーに約80gのコーヒー粉を入れます。
メッシュの位置が目安なので、計量せずにザバーっと入れても大丈夫。私は味の好みで少なめにしています。

②ポットにストレーナーをセットし、水を少しずつ注いでいきます。
ストレーナーは●マークが注ぎ口に合うようにセット。フタを開けたときにストレーナーが一緒に持ち上がるのを防ぎます。

使用する水は、約1150ml。コーヒー粉がだんごになるので、スプーンなどでゆっくりかき混ぜながら水を注ぐのがポイントです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ