無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[爽やかな風味が魅力]すだちのダイエット効果とおすすめレシピをご紹介!

美容

サッパリとした酸味と爽やかな香りが魅力のすだちは、料理に添えることでぐっと美味しさを引き立ててくれる食材です。目立たない存在のすだちですが、実はダイエットや美容にうれしい栄養が豊富に含まれています。そこで今回は、すだちの栄養効果やおすすめレシピを管理栄養士が紹介いたします!

すだちの基礎知識

すだちの産地と旬

すだちは、かぼすやゆずなどと同じく香酸柑橘類で、香りがよいため主に料理の風味づけとして使用される果物です。実は苦みや酸味が強いため、そのまま食べることは少ないです。

すだちの主な産地は徳島県で、流通しているすだちの9割以上のシェアを占めています。
ハウス栽培もされているため1年を通して手に入れることができますが、旬は8~10月で最も香りがよいと言われています。

すだちとかぼすのちがいとは?

かぼすは、見た目もすだちとよく似ていますし、料理の香りづけとして使われる点も共通しています。すだちのかぼすのちがいとして、まず挙げられるのは大きさのちがいです。
すだちはゴルフボール程度の大きさで、1個あたり30~40gです。

対して、かぼすはデニスボール程度の大きさで、1個あたり100~150gもあり、すだちよりも大きいです。味もやや異なっており、かぼすの方が酸味がまろやかです。また、かぼすは主に大分県で生産されており、スーバーなどで販売されているかぼすの9割以上が大分産です。

すだちの保存方法

すだちは常温で置いておくと黄色くなり、すだちの独特の酸味や風味が損なわれてしまいますので、ビニール袋に入れて空気を抜き、冷蔵庫で保存しましょう。カットしたものは切り口にラップをかけることで乾燥を予防できます。

すだちは冷凍保存もできますので、たくさん手に入ったときは冷凍するのがおすすめです。すだちを1個ずつラップでつつみ、保存袋にすだちを入れて空気を抜いて、冷凍庫に入れましょう。

すだちの栄養効果

ダイエットに効果的!注目成分スダチチン

近年、徳島大学などの研究により、すだちの皮にはスダチチンというポリフェノールの一種に、脂質代謝を改善する効果があることがわかりました。すだちの皮は捨ててしまいがちですが、果汁よりも香りが豊かな部分です。

しっかりと洗ってからおろし金で皮をすり、お漬物と一緒に入れたり、冷ややっこのトッピングに使うなどして活用することで、すだちの皮も余すところなく楽しめますし、ダイエット効果も期待できますよ。

【実は女性の味方!】すだちの嬉しい効果と活用レシピ3選
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ