無料の会員登録をすると
お気に入りができます

目上の人に「助かります」を使うのがNGな理由

ライフスタイル

ビジネスにおいて、目上の人や取引先に対して「助かります」という言葉を使って良いかどうか悩んだことはありませんか? 今回は、ビジネスコミュニケーション指導に従事する大部美知子さんに、「助かります」の使い方や言い換え表現などについて解説してもらいました。

言い換え表現を用いた例文

・「この度は急なお願いにも関わらず、お引き受けいただき、誠にありがとうございます」

・「これも□□様のお力添えのおかげと、厚くお礼申し上げます」

・「この企画の実現のために、皆さまのご協力をいただけましたことに感謝申し上げます」

「依頼したい場合」の言い換え表現

相手がこれをしてくれたらうれしい、という依頼の気持ちを伝えるには、「幸いです」という代表的な表現があります。

より改まった場面では、「幸いでございます」「幸いに存じます」「幸甚に存じます」などの表現を使うと良いでしょう。

「幸甚に存じます」の「幸甚」は最大級の幸せを意味しますが、話し言葉では意味が伝わりにくく、改まったメールや手紙の中で使われます。

言い換え表現を用いた例文

・「ご都合のよい日時をいくつかお教えいただければ幸いです」

・「勝手ながら、この件について今週中に回答をいただけましたら幸いでございます」

・「お忙しいところ誠に恐れ入りますが、今週中にご返答を頂ければ幸いに存じます」

・「恐れ入りますが、こちらの提案をご検討いただけましたら幸甚でございます」

・「懸案事項でした今回のプロジェクトに、ご賛同いただければ幸甚に存じます」

「幸いです」以外の表現

・「〜していただけますか?」

・「〜くださいますか?」

・「〜していただけませんでしょうか?」

上記の表現も、「幸いです」と比べると少しカジュアルな感じですが、話し言葉として使いやすいです。

下記の上から順に、より丁寧さが高まります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ