無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[業務スーパー]朝食は混ぜごはん! 1皿で完了する「手こね寿司風」レシピ

おうちごはんが増えると食費も時間もかさばって大変ですよね。そこで激安でボリュームのある食品が並ぶ「業務スーパー」の商品を使用した節約レシピを、料理家と『LDK』が大研究! 大容量商品の余った食材でも簡単アレンジでおいしく食べられる和食朝食を考案しました。今回は、てこね寿司風の「焼鮭まぜご飯」をご紹介します。

レシピ

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』2020年7月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

最近話題になっている「業務スーパー」。1kgも入ったお惣菜や冷凍食品など、普通のスーパーでは見かけないような大容量の食材が安く手に入ることで人気を集めています。

ただ、量が多いゆえに「味に飽きる」「食べきれない」という悩みが発生するのも事実……。せっかく安く買っても、余らせてしまってはもったいないですよね。

そこで、そんな人のために、プロの料理家の方々に業務スーパーの食材を使った節約レシピを考えていただきました!

朝食や夕食、スイーツなど、どれも1食100~200円で作れる激安レシピばかり。試食した編集部員からは「これはレストランの味だ!」と驚きの声が多数上がりました。もちろん、一般メーカーの食材に置き換えられるので、業務スーパーを利用していない人でも作ることができますよ。

そして今回、その中からご紹介するのは「朝食編」。簡単なのに豪華な「焼鮭まぜご飯(てこね寿司風)」のレシピです。

【焼鮭まぜご飯(てこね寿司風)】
1食分の費用:約130円

激安食材が揃う業務スーパーで、てこね寿司風のバランスの取れた和食朝食が完成します。塩が控えめな鮭の味が染み込んだご飯と、パリパリとした食感のキュウリとの組み合わせが絶妙で、どんどん食べられちゃいますよ。

お好みで三つ葉やミョウガといった薬味を足したり、中華スープと共にいただいたりするのもオススメです。

<材料>
・塩鮭……1切れ
・キュウリ……1/2本
・大葉……4枚
・ご飯2膳分
・いりごま……大さじ1/2
・しょうゆ……小さじ2
・きざみのり……少々

<作り方>
1:冷凍状態の銀鮭を中火でそのまま7分焼きます。その後、骨と皮を取り除いて身をほぐしておく。
2:キュウリを薄切りにし、小さじ1/3の塩で塩もみにする。大葉も細切りにしておく。
3:1の鮭と2のキュウリ・大葉、さらにいりごまとしょうゆを炊き立てのご飯と混ぜ合わせる。
4:器に盛ったら、仕上げに再びいりごまをふりかけて完成。

鮭は冷凍のまま焼くことで身がふっくらとします。

キュウリは少量の塩で塩もみにしましょう。

極洋
定塩銀鮭切身(冷凍)
実勢価格:453円

5切れ入りの冷凍食品です。

以上、1食130円の和朝食、「焼鮭まぜご飯(てこね寿司風)」のレシピでした。焼いて食べるだけだった鮭も、てこね寿司風にアレンジすれば飽きずにおいしく食べられて栄養も満点! 食べ盛りのお子さんがいらっしゃる家庭も大助かりです。もちろん、お昼や夜ごはんでもお試しください!

▼魚焼きをもっと手軽に! 便利なアイテムはこちら

近頃大人気の「業務スーパー」は、株式会社神戸物産が手掛けているスーパーで、全国に851店舗(2019年12月末現在)が展開されています。

自社工場で製造したオリジナル製品や海外からの直輸入品を数多く見かけますが、一般的なスーパーに置いてあるような食品メーカーの品もあり、飲食業関係の人だけでなく一般の人も多く利用しています。

そして、業務スーパーの魅力は、なんと言っても激安かつ大容量の食品や食材が売られているということ。

1kgも入ったお惣菜、牛乳パックに入ったデザート、冷凍された巨大チーズケーキなどのオリジナル製品は見た目のインパクト大。しかも、そのいずれも安いんです! また、揚げたなすを冷凍したものなど下処理済みのものなら、家ですぐ料理できるのが便利です。

つい食材を余らせてしまっていたという人は、サンロクマルでご紹介するレシピを上手に活用してみてくださいね!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ